逗子・葉山版 掲載号:2018年11月2日号 エリアトップへ

プロのSUPレーサーとして活躍する 金子 ケニーさん 葉山町下山口在住 30歳

掲載号:2018年11月2日号

  • LINE
  • hatena

SUPの魅力広めたい

 ○…日本でただ1人、プロのSUP(スタンド・アップ・パドルボード)レーサーとして活躍する。国内だけでなく、世界各地のレースを転戦し、1年の半分は海外。流暢な英語を武器にトップクラスの選手たちと渡り合う。目指しているのはもちろん、世界一だ。

 ○…茅ヶ崎市出身。幼いころから父の影響でサーフィンを始めた。小学3年生の時にアメリカ・南カリフォルニアへ。現地ではサッカーにも熱中し、アメリカ代表に選ばれるほどの実力だった。その後、日本のクラブのユースチームにスカウトされ17歳の時に帰国。しかし、膝を痛め18歳でサッカーから離れた。

 ○…転機となったのは20歳のとき。アウトリガーカヌーに出会ったことだった。古代からポリネシアで受け継がれてきた「海の上を自分の力で進む」というシンプルなスポーツが、再び心に火をつけた。練習に励み世界を目指すも、競技人口が少なくプロ選手もいない。同じ時期、ボードの上に立ち、パドルで漕いで進むSUPのレースがアメリカを中心に盛んになり、カヌー仲間たちが出場して結果を出していた。「やってみると今までの経験が生かせるし、これはいけると思った」。2013年、本格的に練習を始めてから半年で全日本大会に出場すると、いきなり準優勝。その翌年には初優勝し、海外のレースにも出場するように。スポンサーも付き、プロとしてのキャリアをスタートさせた。

 ○…一児の父でもある。育児やトレーニング、遠征などで忙しい日々を送るが「葉山にいる時が一番落ち着く」という。「葉山の海は本当にきれいで世界に誇れる場所。世界一を目指しつつ、ここからSUPやアウトリガーカヌーの魅力を多くの人に伝えていきたい」と笑顔で話した。

逗子・葉山版の人物風土記最新6

水垣 偉弥(たけや)さん

プロの総合格闘家で今月28日に講演する

水垣 偉弥(たけや)さん

葉山町在住 36歳

2月7日号

鈴木 達也さん

設立100周年を迎えた葉山警察署の署長を務める

鈴木 達也さん

葉山町在住 56歳

1月24日号

森村 佳生さん

一般社団法人逗子葉山青年会議所(逗子葉山JC)の第57代理事長に就任した

森村 佳生さん

逗子市沼間在住 38歳

1月10日号

大下 利栄子さん

ユニバーサル絵本を製作する活動で内閣総理大臣表彰を受けた

大下 利栄子さん

葉山町在住  59歳

12月13日号

井ノ上 誠也さん

「ズヨコン×ヌマコン」を開催する

井ノ上 誠也さん

逗子市在住 19歳

11月29日号

豊岡 美枝さん

ウインドサーフィンの世界選手権で準優勝した

豊岡 美枝さん

逗子市在住 50歳

11月15日号

豊岡 誠司さん

丸太からアウトリガーカヌー作りに挑戦している

豊岡 誠司さん

逗子市在住 54歳

11月1日号

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月24日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月7日号

お問い合わせ

外部リンク