逗子・葉山版 掲載号:2019年2月8日号 エリアトップへ

逗子開成演劇部 創部以来初の全国へ 緻密な演出やユーモア評価

教育

掲載号:2019年2月8日号

  • LINE
  • hatena
賞状やトロフィーを手にする部員たち
賞状やトロフィーを手にする部員たち

 逗子開成高等学校演劇部が、先月19日・20日に行われた第54回関東高等学校演劇研究大会で優秀賞を獲得し、初となる全国大会への出場を決めた。部員たちは意気込みを新たに、稽古に励んでいる。

 東京や千葉、茨城などから13校が出場した同大会。逗子開成高校が上演したのはオリジナル作品の『ケチャップ・オブ・ザ・デッド』。ホラー映画を作ろうとする3人の青年が本物のゾンビと出会い、一緒に映画製作をしていくというストーリーだ。笑いをとる場面を作りながら、生と死や友情など普遍的なテーマを取り上げた。

 審査員は「芝居に入り込んでしまった。ゾンビ演劇として完成されているし、人間の心情をよく描いており、生と死についても考えさせられた。新聞紙の使い方や舞台転換のセンスも良く、皆さんの演劇への愛を感じた」とした。

「反応が楽しみ」

 教諭と部員たちによるオリジナル脚本の同作。昨年7月に完成し、稽古を開始した。週2回11人の部員が集まる。

 稽古のほか、舞台演出も部員同士でアイデアを出し合い新聞紙で落ち葉を、囲いで建物の内と外を表現。大会では高く評価された。

 映画好きが高じて入部したという部長の角田哲史さん(2年)は「台本を読んだ時、これは面白くなると手ごたえがあった。観ている人から笑いや拍手といった反応がもらえるのがモチベーションになっている」と語る。

 次なる目標は全国頂点、最優秀賞だ。部員たちは「稽古を重ねて演技を磨き、多くの人に楽しんでもらえる舞台を作り上げたい」と意気込んでいる。

 全国大会は7月27日から29日まで、佐賀県の鳥栖市民文化会館で開催される。

劇中のワンシーン
劇中のワンシーン

逗子・葉山版のトップニュース最新6

阪神から6位指名

逗子市出身小川選手

阪神から6位指名 スポーツ

「早く一軍で活躍したい」

11月15日号

歴史紡ぐ憩いの場完成

葉山町

歴史紡ぐ憩いの場完成 社会

南郷上ノ山公園に「梓亭(あずさてい)」

11月15日号

新ビジネス拠点設立

逗子市

新ビジネス拠点設立 経済

補助金申請などサポート

11月1日号

事前説明会に2陣営

葉山町長選

事前説明会に2陣営 政治

市民団体が擁立模索

11月1日号

失語症会話カフェ誕生

失語症会話カフェ誕生 社会

町在住当事者夫妻が立ち上げ

10月18日号

山の根踏切の対策表明

JR東日本

山の根踏切の対策表明 社会

今月27日に住民説明会

10月18日号

パートナーシップ制度導入へ

逗子市

パートナーシップ制度導入へ 社会

来年4月向け検討進める

10月4日号

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

  • 10月18日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク