逗子・葉山版 掲載号:2019年10月18日号 エリアトップへ

失語症会話カフェ誕生 町在住当事者夫妻が立ち上げ

社会

掲載号:2019年10月18日号

  • LINE
  • hatena
旅行の思い出話に花を咲かせる典子さん(右端)と直人さん(右から3人目)ら参加者たち
旅行の思い出話に花を咲かせる典子さん(右端)と直人さん(右から3人目)ら参加者たち

 葉山町にこのほど、失語症当事者のための場ができた。言語をつかさどる大脳が傷つき、コミュニケーションに支障がでるため「周りに気兼ねすることなく、話せる場を」と町在住の茂木典子さんと当事者の直人さん夫妻が準備に奔走した。今月9日には初めての会が開かれ、参加者たちは伝わる喜びを噛みしめながら会話を楽しんでいる。

 「失語症会話カフェ葉山」は今月9日、第1回が町社会福祉協議会で開催され、当事者2人とボランティア4人が参加。ボランティアは話の流れがわかるよう、キーワードをメモに書きとめ、それを見せながら会話を進めていた。旅行先での思い出に話題が及んだときには、地図を使いながら訪れた先や食べたものについて話に花を咲かせた。直人さんは時々、言葉を詰まらせながらも会話を楽しんでいた。

症状は十人十色

 失語症は、言語をつかさどる大脳の部分が事故や病気によって損傷することによって引き起こる。言葉に詰まったり、相手の話していることを理解するのに時間がかかったりするため、周囲からは認知症や記憶障害、声の異常が原因の「失声症」と混同されることがある。「意味は分かっているが、あてはまる言葉が出てこない」「なめらかに話しているが、意味が繋がっていない」など、症状も人それぞれで、話す、聞く、読む、書くという他者とのコミュニケーション全般に影響が出るのが特徴だ。

 そのため、他者だけでなく、家族とのコミュニケーションも億劫になり、塞ぎ込んでしまう当事者も多いという。

楽しむ場に

 脳卒中の後遺症で失語症になった直人さん。「当事者は話す機会がリハビリに限られてしまいがち。会話を楽しむ機会が極端に少ない」と典子さんは設立に向けて動き出したきっかけを語る。転機となったのは、直人さんとともに藤沢市や横浜市で「失語症会話カフェ」に参加したことだった。参加者が生き生きとコミュニケーションする姿を見て、地元・葉山でも同様の場を作ろうと決めた。

 町社会福祉協議会のサポートを受けながら、当事者やその家族、言語聴覚士のほか、藤沢市で失語症会話カフェを主宰する原田勢津子さんらボランティアの協力も得ながら準備を進め、今年3月から試験的にスタート。5月には、町民向けの基礎講座を開催し、啓発活動も行ってきた。

 「当事者が自由に自分たちのペースで会話を楽しめる場になるとともに、病気の理解が深まる場になれば」と典子さんは話している。

 カフェは毎月第2水曜日、午後1時30分から3時30分まで、町社会福祉協議会2階のボランティア室で開かれる。年会費1200円で1回の参加ごとに200円。町外からの参加も可能で、現在ボランティアを募集している。

 問い合わせは【電話】046・875・7127茂木さん、または【メール】hayama.aphasia-cafe3@gmail.comへ。

メイクアップレッスンアルモニゼ

美しさは、今の自分を知ることから。呼吸洗顔®と貴方だけのメイク法をご提案

https://www.harmoniser.website

<PR>

逗子・葉山版のトップニュース最新6

阪神から6位指名

逗子市出身小川選手

阪神から6位指名 スポーツ

「早く一軍で活躍したい」

11月15日号

歴史紡ぐ憩いの場完成

葉山町

歴史紡ぐ憩いの場完成 社会

南郷上ノ山公園に「梓亭(あずさてい)」

11月15日号

新ビジネス拠点設立

逗子市

新ビジネス拠点設立 経済

補助金申請などサポート

11月1日号

事前説明会に2陣営

葉山町長選

事前説明会に2陣営 政治

市民団体が擁立模索

11月1日号

山の根踏切の対策表明

JR東日本

山の根踏切の対策表明 社会

今月27日に住民説明会

10月18日号

パートナーシップ制度導入へ

逗子市

パートナーシップ制度導入へ 社会

来年4月向け検討進める

10月4日号

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

  • 10月18日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク