逗子・葉山版 掲載号:2020年8月7日号 エリアトップへ

葉桜自治会 町づくりの歩み1冊に 半世紀の歴史 次世代へ

社会

掲載号:2020年8月7日号

  • LINE
  • hatena
西村会長(左)と冊子を持つ結城さん
西村会長(左)と冊子を持つ結城さん

 逗子市と葉山町にまたがる「葉桜住宅地」の入居が始まって半世紀となり、葉桜自治会(西村肇会長)が歴史をまとめた冊子「葉桜住宅50年のあゆみ」を発行した。関係者は「歴史を次世代に伝え、これからのまちづくりに生かしていきたい」と話している。

 桜山丘陵の南側、標高およそ100mの尾根筋を造成した葉桜住宅地で最初の入居者が住み始めたのは1969年10月のこと。遠くに相模湾や江の島、富士山を望む風光明媚な場所だったが、目線を足元に落とせばそこはさながら荒野。バスの運行はおろか、街灯や商店もない場所で、買い物に行くにも一苦労する場所だった。

 約2千世帯が住む現在の環境を作り上げるために住民が集い、議論し、関係機関と調整を図りながら課題を一つずつ解決していく様子を、当時の写真や記録を交えて紹介している。

広報紙参考に

 同自治会では、制作にあたって昨年4月に編集委員会を発足。自治会結成当時から欠かすことなく発行されてきた広報紙「はざくら」を参考に歴史をまとめた。「モノクロ写真や、住民が日常を綴ったコラムなど、当時の様子を知るには第一級の資料でした」と話す西村会長。

 また、当時を知る住民たちにインタビューも実施した。編集長として制作に携わった結城瑛子さんは「資料に書かれていないことも、皆さん鮮明に覚えていた。当時は、仕事や子育てをしながらの自治会活動。大変だった分、強く印象に残っているのだと感じました」と語る。

 冊子の後半では、自治会の現状や抱える課題も盛り込んだ。ともに街づくりを担ってきた商店会も、今では商店が数店となってしまい、住民の高齢化とともに買い物や移動の問題が生まれている。また、若い世代の流入は喜ばしいことだが、自治会への加入率向上も今後取り組みべきテーマだ。西村会長は「この冊子をきっかけに、若い世代の方たちにも歴史を知ってもらい、今後の地域課題解決や連携強化を進めていきたい」と話している。

 冊子はカラー版64ページ。希望者に1冊300円で頒布している。問い合わせは同自治会事務局【電話】046・875・7805へ。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

2選手が関東大会へ

逗子高校陸上部

2選手が関東大会へ スポーツ

「来年につながる結果を」

10月15日号

市内各地で芸術に触れる

市内各地で芸術に触れる 文化

15日から逗子アートフェス

10月15日号

「お米」が持つ魅力 世界へ

町在住山口夫妻

「お米」が持つ魅力 世界へ 社会

「三河みりん」とコラボ

10月8日号

デマンドタクシーの実証実験

逗子市

デマンドタクシーの実証実験 社会

アーデンヒルと東逗子結ぶ

10月8日号

「神奈川モデル」導入へ

逗子市葉山町

「神奈川モデル」導入へ 社会

自宅療養者を24時間サポート

9月24日号

オンライン授業の活用進む

公立小中学校

オンライン授業の活用進む 教育

保護者の協力不可欠な子も

9月24日号

本まぐろ直売所

10月10日は「まぐろの日」大特売。豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook