逗子・葉山版 掲載号:2020年9月25日号 エリアトップへ

加地邸 民泊事業スタート 葉山の別荘文化を紡ぐ

社会

掲載号:2020年9月25日号

  • LINE
  • hatena

 新たなオーナーの手で修繕工事が行われていた加地邸(葉山町一色)が今秋、「葉山加地邸」として民泊事業をスタートさせる。貴重な建築物をどのように後世に残していくか。地域を巻き込んだ挑戦が続く。

 加地邸=写真=は近代建築の三大巨匠に数えられ、帝国ホテル(旧日本館)などを設計したアメリカ人建築家フランク・ロイド・ライトの高弟として知られる遠藤新が設計。商社や保険会社の重役を務めた加地利夫の別荘として、1928(昭和3)年に竣工した。2017年には国の登録有形文化財に指定されている。

 遠藤新は甲子園ホテルや目白ヶ丘教会のほか、数多くの公共施設や住宅、ホテル棟を設計している。その中でも、加地邸は代表作とされており、建物だけでなく家具や照明など、室内の設えも総合的にデザインする「全一」という思想を体現した、ライト式住宅の頂点として高く評価されている。

 2016年、前オーナーから川崎市の株式会社ヨネヤマで取締役などを務める武井雅子さんの手に移った。武井さんは、貴重な建築を後世に残していくために、修繕を行った。より多くの人に知ってもらいながら、その費用にも充てようと、クラウドファンディングを実施。昨年6月、目標の500万円を超える金額が集まった。

 修繕は意匠をそのままに、空調設備を整えて大きな浴場も設置。近代建築の傑作と現代の技術が融合した施設となった。

 後世にわたり、別荘文化を体現する建築物を残していくための方法として、民泊事業を今秋スタートさせる。葉山という立地や、歴史的な建物に泊まれる特別感を売りに、広めていきたい考え。一棟貸は2泊24万9千円からで定員6人。

 利用方法などの詳細はホームページ【URL】http://kachitei.link/#secondで確認を。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

コロナ乗り越え開催へ

葉山駅伝

コロナ乗り越え開催へ スポーツ

12月1日から申込受付

11月20日号

小柴さんの業績紹介

理科ハウス

小柴さんの業績紹介 教育

直筆メッセージの展示も

11月20日号

余った食材 必要な世帯に

葉山町社協

余った食材 必要な世帯に 社会

コロナ禍生活支援の一環

11月6日号

“プレミアム”な逸品開発

逗子市事業者

“プレミアム”な逸品開発 経済

商品券発売にあわせ

11月6日号

プレミアム付き商品券販売

逗子市

プレミアム付き商品券販売 経済

全市民へクーポン配布も

10月23日号

成人式来年1月に開催へ

逗子市葉山町

成人式来年1月に開催へ 教育

簡素化など対策講じる

10月23日号

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク