逗子・葉山版 掲載号:2020年12月18日号 エリアトップへ

(PR)

アレルギーの「かかりつけ」に 湘南鎌倉総合病院が診療体制整備

掲載号:2020年12月18日号

  • LINE
  • hatena
谷口正実センター長
谷口正実センター長

 湘南鎌倉総合病院(鎌倉市岡本1370の1、篠崎伸明院長)は2020年春、免疫・アレルギーセンターを開設した。同分野における世界的権威として知られ、「成人アレルギー相談・セカンドオピニオン」を担当する谷口正実センター長と小児科部長で18歳未満の患者を対象とした「一般アレルギー外来」を担当する三宅隆太医師に話を聞いた。

――アレルギー医療の現状を教えて下さい。

谷口 「花粉症も含めると実に多くの方がアレルギー症状に苦しめられている一方で、専門的な医療を提供できるドクターはまだまだ少ないのが現状です。我々が地域の皆さんにとって、アレルギーに関する『かかりつけ』のような存在となり、徳洲会グループの理念でもある『患者さんのための医療』を実現したいと思っています」

――一般アレルギー外来ではどのような相談が多いですか。

三宅 「鼻炎や喘息など様々ですが、食物アレルギーに関するご相談が増えている印象です。ただお子さんの場合は卵や小麦、牛乳など原因も分かりやすいので、乳児期から小児アレルギー専門医のもとで正しい対処をすれば、幼稚園に上がるころには克服できている、ということも多くあります」

――成人になってからアレルギー症状が出る人も多いのでしょうか。

三宅 「喘息は80〜85%の方が成人してから症状が出ていますし、中学、高校になってから急に食べられないものができる人もいます。アレルギーの原因は多種多様で、特に成人になって症状が現れた場合は特定しづらく、より専門的な対処が必要になります」

――今後どのような医療を目指していきますか。

谷口 「花粉症などのアレルギー鼻炎や喘息には、アレルゲン免疫療法の効果が確認されています。日本ではまだまだ普及していませんが、欧米では100年近い実績があり、根治や寛解も期待できる治療法ですので、正しい情報発信を続けていきます。一方で重度の喘息のように生命の危機に直結するような症状を抱えている方も多くいます。そうした方への医療も充実させ、臨床と研究の両面で日本でトップレベルの施設を目指していきます」

 谷口医師の成人アレルギー相談・セカンドオピニオンは自費外来のみ。予約は同院健康管理センターで。また一般アレルギー外来(18歳未満)受診希望の場合は代表番号に電話し、事前予約が必要となる。

三宅隆太小児科部長
三宅隆太小児科部長

湘南鎌倉総合病院

鎌倉市岡本1370-1

TEL:0467-46-1717

https://www.skgh.jp/

逗子・葉山版のピックアップ(PR)最新6

「自宅の無料査定」しませんか

ウスイホーム逗子店

「自宅の無料査定」しませんか

人気エリアにつき、物件の需要増

4月30日号

「個別見学・相談を承ります」

有料老人ホーム「チャームスイート東逗子」

「個別見学・相談を承ります」

1日2組限定 予約受付中

4月30日号

「自宅の無料査定」しませんか

ウスイホーム逗子店

「自宅の無料査定」しませんか

人気エリアにつき、物件の需要増

4月16日号

便秘の悩み、医師に相談

神歯大附属病院

便秘の悩み、医師に相談

有効な治療法が確立した病

4月16日号

長期安定するインプラント

長期安定するインプラント

インプラント専門外来・アルカディアインプラントセンター

4月16日号

「個別見学・相談を承ります」

有料老人ホーム「チャームスイート東逗子」 1日2組限定事前予約制

「個別見学・相談を承ります」

4月4日(日)・11日(日)

4月2日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter