逗子・葉山版 掲載号:2021年5月14日号 エリアトップへ

バッグブランドSYMPOSIONを立ち上げた 佐野 正子さん 葉山町在住

掲載号:2021年5月14日号

  • LINE
  • hatena

バッグの新たな選択肢創造

 ○…「マテリアルロス」をテーマにしたバッグブランド・SYMPOSION(シュンポシオン)をこのほど立ち上げた。大量生産・大量廃棄のビジネスモデルやそれがもたらす貧困・環境問題など、ファッション業界の慣習が問題視される中、「こんなバッグもあるよと、一つの選択肢になったら」と話す。

 ○…アパレル大手の会社にグラフィックデザイナーとして入社。その後、社内プロジェクトの一環で行われたバッグデザイナーの募集に手を挙げた。それまでの知見や持ち前のバイタリティーを発揮し、「アニエスベー」や「ラ・バガジェリー」など数多くのブランドのバッグを手掛けた。「自分がデザインしたものを持っている人を初めて見た時の喜びは、今でも忘れられない」。この時の体験がモノづくりへの情熱の源だ。

 ○…2007年にフリーランスとなり、自分らしい表現を探求していたところ、自分の原点である製作現場での「負の部分」が浮かんだ。「売れ残ったものが廃棄されるだけでなく、企画や製造段階で大量の素材が廃棄されたり倉庫に眠っている。その素材たちとの出会いを出発点にバッグを作りたい」。各地の素材メーカーや卸業者の倉庫を訪問。その量に驚くとともに「これだというものに出会えた時が嬉しい」。納得いくものを自ら選び抜き、それを生かすデザインで商品を作っている。

 ○…都内の百貨店で販売会を開催したり、葉山芸術祭に参加するなど、活動の場を広げている。「バッグは持ち運ぶ機能だけでなく、そのデザインで人の気持ちを高揚させるもの」。素材との出会いやサステナブルというストーリーを加え、今ある豊かさを見つめ直す他にはないブランドに育てていく。

逗子・葉山版の人物風土記最新6

戸張 雅仁さん

今年度創立40周年を迎えた葉山ロータリークラブの会長を務める

戸張 雅仁さん

逗子市久木在住

7月23日号

中村 慈英(じえい)さん

逗子サーフライフセービングクラブの監視長を務める

中村 慈英(じえい)さん

東京都在住 23歳

7月9日号

小林 三千世さん

神奈川県行政書士会鎌倉支部の支部長に就任した

小林 三千世さん

鎌倉市在住 56歳

6月25日号

愛(あい) 良人(ながと)さん

まんぷくカーニバルで「本部長」を務める

愛(あい) 良人(ながと)さん

逗子市在勤 42歳

6月11日号

南田 幹太(なんだ かんた)さん

児童文学作家でデビュー作を出版した

南田 幹太(なんだ かんた)さん

逗子市在住 58歳

5月28日号

佐野 正子さん

バッグブランドSYMPOSIONを立ち上げた

佐野 正子さん

葉山町在住

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter