藤沢版 掲載号:2012年12月21日号
  • googleplus
  • LINE

12月22日に第1回美化キャンペーンをシークロス公園で行うNPO法人 辻堂の民事務局長 永井 洋一さん 辻堂新町在住 56歳

辻堂から元気発信

 ○…今年3月、「辻堂から元気発信」を目的としたNPO法人「辻堂の民」が誕生。その中の一事業として、シークロス公園や地域内の公園の愛護活動を行う「美化キャンペーン」が企画された。「地域の人たちが公園をきれいにすれば、みんながゴミを捨てないように気をつけると思って」ときっかけを話す。「住民が丹精込めてきれいにすることが重要。公園を愛する=地元を愛する心を作ること」と意義を訴える。

 ○…辻堂の民の原点となっているのが、今年で10回目を迎えた「ファイト祭り」。立ち上げから実行委員長を務め、年を重ねるごとに大きく育ててきた。「地域が活性化するように種をまき続けてきた」と振り返る。自他共に認める「お祭り男」。「イベントが大好き」と人懐っこい笑顔を浮かべる。

 ○…生まれて以来ずっと辻堂に暮らす。八松小、明治中と進んだ。今では考えられないが、中学までは人見知りだったという。「駒沢大学時代にサークル立ち上げや、人を集めたりするようになって」。今では駒沢大学同窓会湘南支部の幹事長も務める。その後、藤沢市役所に就職。「辻堂が好きだから地元で働きたいと思った」。25歳で結婚、3人の子どもに恵まれた。子どもが通った明治中で2度、西校では3年間、PTA会長を務めた。「子どもと触れ合うのが好き。当時やんちゃで手を焼いた生徒が、今も覚えていてくれたりして」。嬉しそうに目尻を下げる。

 ○…シークロス公園美化キャンペーンへ向け、「住民の手できれいで明るい公園にしましょう」と参加を呼びかける。「この公園を、いつも何かやっている期待感のある公園にしたい。若者たちの発表の場になれば」と将来の展望を語る。「辻堂は人情深い地域。自分が生まれ育ったお世話になった場所だから、恩返しがしたい」。そう語る表情は、「辻堂愛」に満ちていた。
 

藤沢版の人物風土記最新6件

二見 将幸さん

江の島観光会の会長に就任した

二見 将幸さん

2月16日号

鷹取 昭さん

10年かけ神奈川県内の「庚申塔」を調べ、1冊にまとめた

鷹取 昭さん

2月9日号

齋藤 史朗さん

20周年を迎える「江ノ島湾護美さぁくる」の世話人を務める

齋藤 史朗さん

2月2日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月26日号

対馬 伸也さん

自転車レース「オートルート」の日本人初のアンバサダーに就任した

対馬 伸也さん

1月19日号

高橋 可成(かなる)さん

「毎日写真コンテスト」で文部科学大臣賞を受賞した

高橋 可成(かなる)さん

1月12日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク