藤沢版 掲載号:2013年4月5日号
  • googleplus
  • LINE

2013年公示地価 辻堂駅近く 上昇率県2位 C-X開発の影響 「依然大」

社会

 国土交通省が3月21日に発表した公示地価で、JR辻堂駅付近の調査地点が神奈川県内で第2位の水準だったことがわかった。県政策局は「湘南C-X開発による住宅需要の影響が、依然として大きいのでは」と分析する。

 該当の地点は辻堂駅から約700mの住宅地で藤沢と茅ヶ崎の市境(茅ヶ崎市赤松町)。今回の地価上昇率は7・3ポイントだった。県内の上昇率順位では前年の第1位から落ちたものの、率自体は0・4ポイント伸びた。また辻堂駅から約2Kmの距離にある羽鳥の調査地点では、藤沢市内で最も高い3・8ポイントの上昇率だった。

 上昇率県内第1位だったのは、川崎市中原区の調査地点。県政策局は「中原区の住宅需要は、都心に近いという地理的条件も大きい。C-X再開発の場合、純粋に地域内の開発事業が高い地価上昇率に繋がっているので、県内でも注目度が高いエリア」と話した。

市全体では横ばい傾向

 藤沢市全体では、63ある住宅地の調査地点の平均価格が、1平方メートル当たり18万4600円。平均変動率は0・2ポイント減とわずかに下落しているものの、前年の1・2ポイント減と比べ下落幅は縮小した。また商業地では17調査地点で平均0・4ポイント減(前年は同1・1ポイント減)、工業地が4調査地点で同0・8ポイント減(前年は同1・6ポイント減)だった。

 同局は「藤沢市では総じて、下落幅が縮小している。県全体の傾向と同じく、ほぼ横ばいとみてよいのでは」と語った。

藤沢版のトップニュース最新6件

十二神将立像を重文指定

藤沢市

十二神将立像を重文指定

2月16日号

五輪に向け予算拡充

藤沢市

五輪に向け予算拡充

2月16日号

安全なまちづくりで表彰

湘南大庭地区防犯協会

安全なまちづくりで表彰

2月9日号

最優秀タッグに認定

藤沢市出身諏訪魔選手

最優秀タッグに認定

2月9日号

人気に嬉しい悲鳴

藤沢初のまちゼミ

人気に嬉しい悲鳴

2月2日号

初の大規模リニューアル

テラスモール湘南

初の大規模リニューアル

2月2日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク