藤沢版 掲載号:2013年7月19日号
  • googleplus
  • LINE

日本大学生物資源科学部教授で世界一のウナギ博士と呼ばれる 塚本 勝巳さん 64歳

ウナギに魅せられて

 ○…日本人に人気のウナギだが、今年2月に環境省がニホンウナギを絶滅危惧種に指定、国際機関も検討を始めた。世界一のウナギ博士と呼ばれる教授が現在、日本大学で教鞭を振るっている。「私もウナギを食べることは好き。でも今は、種の存続危機という厳しい事態に直面している。指定は種の保全という意味で良いことだと思う」と語る。

 ○…『動物はなぜ旅をするのか』という問いかけが研究の原点にある。学生時代、稚アユが一心不乱に川を遡上する姿を見て「なぜあんなにも一生懸命に上流を目指すのか、その理由を知りたい」と好奇心を抱いたのが、のめりこんだきっかけ。生物の回遊生態研究の専門家として、川と海を回遊する魚を研究してきた。中でもウナギは生態に謎が多く、「変な魚だよね。奇妙な形だし、魚らしくないでしょ。だから面白い」と神秘性に魅せられた。

 ○…岡山県玉野市で生まれ育つ。家は、瀬戸内海の海岸まで自転車で15分ぐらい。自然豊かな中で育った。浪人覚悟で東大を受験すると合格。「これを学びたい」というものがなく、水産学科に進むが、その理由は「船に乗ってみたい」だった。1973年、大規模なウナギ産卵場調査が始まり、学生として航海に参加。大海原でピンポイントの産卵場を見つけるのは至難の技だった。だが、2009年5月、努力を重ね、ついに世界で初めて天然ウナギの卵採取を成功させた。

 ○…日焼けした肌に爽やかな笑顔。アウトドアが似合いそうだが、休みの日は家で寝ているのだとか。学生とは、お酒を飲んだりスポーツを楽しんだりしてコミュニケーションを図っている。「この危機は、人による乱獲が原因。大量消費をしないで、かつてのように『ハレの日』のごちそうとして食べてほしい」。ウナギを語る眼差しは実直でやさしく見えた。

藤沢版の人物風土記最新6件

二見 将幸さん

江の島観光会の会長に就任した

二見 将幸さん

2月16日号

鷹取 昭さん

10年かけ神奈川県内の「庚申塔」を調べ、1冊にまとめた

鷹取 昭さん

2月9日号

齋藤 史朗さん

20周年を迎える「江ノ島湾護美さぁくる」の世話人を務める

齋藤 史朗さん

2月2日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月26日号

対馬 伸也さん

自転車レース「オートルート」の日本人初のアンバサダーに就任した

対馬 伸也さん

1月19日号

高橋 可成(かなる)さん

「毎日写真コンテスト」で文部科学大臣賞を受賞した

高橋 可成(かなる)さん

1月12日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク