藤沢版 掲載号:2013年11月8日号
  • googleplus
  • LINE

藤沢市民交響楽団の団長を務める 太田 修二さん 辻堂在住 57歳

楽しむ想いが奏でる舞台

 ○…数年に1度開催され、2013年に第22回を迎える藤沢市民オペラ。11月16日から始まる創立40周年の節目の舞台では、市民オペラ運営委員、藤沢市民交響楽団を率いる団長、トランペット奏者と3役を担う。「一奏者としてはどうかな。トランペットの方は手が回らないかもね」と冗談めかすが、全力で重責に取り組む多忙な日々だ。

 ○…38年前に市民交響楽団に入団、4年前から団長を務めるなど、人生の大半を共に歩んできた。団長の役割を「雑用だよ」と一言で語るが、その眼差しからは深い愛着が感じられる。オーケストラでは全員がステージの主役となるが、オペラではスポットライトを浴びるのは主に役者の仕事。楽団は声楽とともにキャストを支える役目だ。「だからといって裏方という意識はない。皆で協力してひとつの舞台を作るのは、普段とは別の楽しみもある」と前向きな姿勢を見せる。

 ○…中学生のころに辻堂へ。湘洋中時代、本格的にトランペットを始めた。家庭や小学校の鼓笛隊などで音楽に親しんでいたこともあり、自然に演奏の道に入ったという。大学生のころに情熱が再燃し、市民交響楽団の門を叩いた。「知人が団員にいたくらいで、明確な動機があったわけではないけれど」と話すも、学生や現役サラリーマン、主婦や70代のリタイア世代と幅広いメンバーが集う「市民の楽団」に、自然体の魅力を感じたのかもしれない。

 ○…現在は鍼灸院を営み、県鍼灸マッサージ師会では要職も務める。奉仕団体の藤沢ライオンズクラブにも所属。「ライオンズの活動は、全く別の世界や分野の人と交流できるのが楽しいね」と目を細める。合間の時間には、「余計なことを考えずにいられる」と、サスペンスや刑事物のTVドラマを観賞する一面も。市民オペラの開幕が迫る中「楽団にオペラ、仕事も忙しいけれど、全部が楽しみ。それが意欲に繋がっている」と顔をほころばせた。

藤沢版の人物風土記最新6件

二見 将幸さん

江の島観光会の会長に就任した

二見 将幸さん

2月16日号

鷹取 昭さん

10年かけ神奈川県内の「庚申塔」を調べ、1冊にまとめた

鷹取 昭さん

2月9日号

齋藤 史朗さん

20周年を迎える「江ノ島湾護美さぁくる」の世話人を務める

齋藤 史朗さん

2月2日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月26日号

対馬 伸也さん

自転車レース「オートルート」の日本人初のアンバサダーに就任した

対馬 伸也さん

1月19日号

高橋 可成(かなる)さん

「毎日写真コンテスト」で文部科学大臣賞を受賞した

高橋 可成(かなる)さん

1月12日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク