藤沢版 掲載号:2013年12月27日号
  • googleplus
  • LINE

「可笑しな魚の横顔展」を開催中のイラストレーター 三尋木(みひろぎ)正夫さん 鵠沼海岸在住 64歳

魚の美しさに魅了され

 ○…「命ある物は生きている時が一番美しい―」。3年程前、水面に現れる瞬間の魚の体色が、思わず声を出してしまうほどの美しさで、以来、魚にクローズアップし絵を描くようになった。和真メガネ3F藤沢ギャラリーで、自身初となるイラスト展を開催。鉛筆と水彩で描いた作品28点が展示されている。「描いた魚はどれも釣ったことのあるものばかり。魚は止まってくれないので、色々な角度から観察しないと描けない」と吐露。作品は「根魚」と呼ばれる海底に生息する魚が中心で、「食べるとおいしいから」と笑う。釣った魚を味わうのも、楽しみのひとつだとか。

 ○…小田原で生まれ、大学生まで海の近くで育った。幼少時代は絵を描くことや工作が好きだった反面、父親とよく釣りに出かけたという。「砂浜で投げ釣りをしたり、素潜りをしたのは良い思い出」と目を細める。大学卒業後、得意だった物作りの才能を活かし、一級建築士の免許を取得。35歳で藤沢に事務所を開設した。「鵠沼海岸は故郷と同じ匂いを感じた」と藤沢の雰囲気に魅かれた。一級建築士として働く傍ら、フリーのイラストレーターとして音楽教室のパンフレットや観光ポスターなどを手掛けていった。

 ○…「みひ郎」というペンネームで、7年前から始めた沖釣り専門誌「つり丸」での仕事が転機に。現在は「みひ郎の港探訪」という2ページのコーナーを、月1回連載している。「レイアウトも写真も文章も、全て自分で考えるから面白い」。今回展示されている作品は、つり丸に掲載したものが中心という。「絵は止めどころが難しいが、だんだん出来上がっていく過程が楽しい。何回も失敗して学ぶことが多い」と苦笑いするも、「魚1匹1匹の顔も違えば模様も違う。観察すると奥深い」と感慨にふけ、作品を見つめる瞳は温かい。「今度、水族館で魚の顔をよく見てごらん。個性あるから」といたずらに笑った。

藤沢駅1分!フリートパーキング

396台収容!スタッフ在駐・セキュリティ完備!通勤にピッタリ!詳しくはHPへ

http://www.fleetparking.jp/

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

大切なお墓が蘇る

お墓・玄関・庭石・タイルなど様々な石材を丁寧に洗浄します。

http://ohakasentai.com/oneeighty/

<PR>

藤沢版の人物風土記最新6件

佐江 衆一さん

小説家で、かつて鵠沼にあった「割烹旅館東屋(あずまや)」などの歴史に詳しい

佐江 衆一さん

3月30日号

寺尾 やゑさん

「世界らん展日本大賞2018」で優秀賞に輝いた

寺尾 やゑさん

3月23日号

宮久 雪代さん

3月24日から作品展を開く「藤沢市自閉症児・者親の会」の会長を4月から務める

宮久 雪代さん

3月16日号

古木 克明さん

3月10日にトレアージュ白旗店の有隣堂で講演会を開く、元プロ野球選手の

古木 克明さん

3月9日号

秦 万里子さん

東日本大震災時の支援に感謝を込めた演奏会を毎年開いているシンガーソング・ライター

秦 万里子さん

3月2日号

森井 康夫さん

NPO法人藤沢災害救援ボランティアネットワーク(FSV)の代表を務める

森井 康夫さん

2月23日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク