藤沢版 掲載号:2014年3月28日号
  • googleplus
  • LINE

望遠レンズで「江の島探し」 市川勝典さん 写真展 

パソコンを用いて写真をつなぎ合わせた約8mのパノラマ写真を前に、市川さん(右)と同展示室の内藤さん
パソコンを用いて写真をつなぎ合わせた約8mのパノラマ写真を前に、市川さん(右)と同展示室の内藤さん
 鵠沼郷土資料展示室では5月15日(木)まで「湘南の眺望写真展」を開催している。

 会期中は、鵠沼海岸在住のデザイナー市川勝典さん(69)による「江の島360度パノラマ写真」をはじめ、7年に渡って約30カ所から撮影した江の島の写真をメインに展示。そのほか、地元の写真愛好家によるダイヤモンド富士やパール富士、昭和初期のモノクロ写真、富士山が描かれた浮世絵など、約300点が展示されている。午前10時から午後4時(月曜休館)。

 好天に恵まれた2005年1月2日、市川さんは江の島展望台から360度のパノラマ撮影に成功した。富士山や丹沢をはじめ、新宿副都心、房総、新島まで鮮明に映り、その見晴らしに感激したという。「江の島から見えるなら、向こうからも見えるはず」と、「江の島探しの旅」が始まった。

狙いは元旦

 天候や時間によって、靄(もや)の影響を受ける江の島は、遠方になるほど撮影条件が厳しい。見晴らしが良い山に登頂しても、生い茂った樹木が視界を遮ってしまうなど、シャッターチャンスは極めて少ないという。「空気が澄んでいる早朝しかチャンスがない。また工場の煙や自動車の排気ガスが影響するので、最も撮影に適しているのは正月」。埼玉や静岡などの遠方は、年一度のチャンスに賭けた。

 10年元日、終夜運行の電車を乗り継ぎ、埼玉県飯能市へ。三脚とレンズをかつぎ、雪の残る標高755m・関八州見晴台まで登った。午前8時30分、その瞬間は今でも忘れられない。「望遠レンズにとうとう江の島を発見した。ビル群の中に建設中のスカイツリーも見えて」。逆光のシルエットを狙い、2時間待機し、江の島から直線距離75・4Kmからの撮影に、2年越しで成功した。富士山や伊豆大島よりも遠い最高記録だった。「携帯電話の電波も無い山で足が攣ったりと大変なことも多いが、もっと良いアングルやポイントがあるのではと掻き立てられる。江の島は見る角度によって街並や森、岩場と表情が全然違うから、様々な表情を撮り続けたい」と語る。

 問い合わせは、鵠沼市民センター内・同展示室【電話】0466・33・2001へ。

藤沢駅1分!フリートパーキング

396台収容!スタッフ在駐・セキュリティ完備!通勤にピッタリ!詳しくはHPへ

http://www.fleetparking.jp/

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

大切なお墓が蘇る

お墓・玄関・庭石・タイルなど様々な石材を丁寧に洗浄します。

http://ohakasentai.com/oneeighty/

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク