藤沢版 掲載号:2016年7月29日号 エリアトップへ

五輪に向け「湘南ブルー藍」を 塩沢 功さん 市内で藍プロジェクト

文化

掲載号:2016年7月29日号

  • LINE
  • hatena
パーキンソン病の治療を続けながら、藍を栽培する塩沢さん
パーキンソン病の治療を続けながら、藍を栽培する塩沢さん

 「2020年の東京五輪エンブレムに採用された市松模様は、藍を使った『ジャパン・ブルー』。4年後を見据えて、藤沢からは『湘南ブルー藍』を発信していきたい」

 市内石川の塩沢功さん(68)は市内北部で、藍染めに使用されるタデ科の藍を栽培している。

 生産に留まらず、商品化やブランド化を目指すが、農地法や資金など、その壁は厚い。思うように動けないジレンマもあり、個人をはじめ、企業や団体からの広い支援を求めている。

「藍」にロマン

 元藤沢市職員の塩沢さんは定年退職後、念願だったという農業に挑戦した。耕作地を借り、家庭用の無農薬野菜を栽培していた。

 藍との出合いは3年前。トラクターや耕耘機を所有していたこともあり、本鵠沼の藍染め作家が、藍を自家栽培するためのサポートをしたのがきっかけだった。

 「藍と聞いて『これは面白いことができそう』と、直感的にひらめいた。県内で栽培している人もいないし、『湘南ブルー藍』としてブランドになるのではないかと」

 14年5月、苗を分けてもらい、約600株を作付けした。「肌に直接触れるものだから、農薬や消毒薬を使わないのは当たり前」とその農法にもこだわった。生命力が強いとされる藍だが、半数を超える360株が枯れてしまう。「何も分からず試行錯誤。枯れなかった葉は、地中の水を求めて2段根を伸ばしていた。そこで初めて適度な湿度や水が必要だと知った」

 昨年は、休耕田での栽培にも取り組んだが、今度は水が多すぎたり、雑草に負けて失敗した。しかし、うまくできた種や苗は、福祉事業所やギャラリー、一般家庭へ分配し、プランターでの植栽を広める。また、乾燥させた藍は、徳島県の藍師へ送っているという。

 7月13日には宮原の「植木屋あいはら」を会場に、「湘南ブルー藍プロジェクト」の打ち合わせなどを実施。「蔵まえギャラリー」の佐野晴美代表の指導の下、参加者は生葉を使った藍染めを体験した。「意外に簡単。子どもも気軽にできるので、藤沢産の藍を使った企画やブランドは、無限の可能性がある」との声が上がっていた。

一般企業の参入を

 農家ではない塩沢さんにとってネックとなるのは法律や資金、マンパワーの問題だ。しかし、4月に農地法が改正され、企業の農地賃借や農業参入が緩和された。「一緒に挑戦しませんか」と塩沢さん(【携帯電話】090・9390・1996)。

7月13日に「植木屋あいはら」で実施された体験会では、参加者や視察に訪れたJA職員が、生葉での藍染めに挑戦した
7月13日に「植木屋あいはら」で実施された体験会では、参加者や視察に訪れたJA職員が、生葉での藍染めに挑戦した
「摘んで30分以内に染めるのがカギ。濾した後のヌルヌルの成分で染まる」。一般的な藍の染料では深い青色となるが、生葉では淡い水色に仕上がる
「摘んで30分以内に染めるのがカギ。濾した後のヌルヌルの成分で染まる」。一般的な藍の染料では深い青色となるが、生葉では淡い水色に仕上がる

藤沢版のローカルニュース最新6

聶耳の碑前祭開催が中止に

聶耳の碑前祭開催が中止に 社会

感染防止に配慮

6月25日号

ひまわりの花献血者に贈呈

ひまわりの花献血者に贈呈 社会

ミスターマックスで

6月25日号

人工知能「おしゃべり案内板」

人工知能「おしゃべり案内板」 社会

本庁舎で実証実験

6月25日号

聖火トーチに釘付け

聖火トーチに釘付け 社会

公道中止も「いい記念」

6月25日号

司法書士に聞いてみよう

司法書士に聞いてみよう 社会

無料相談会

6月25日号

駅スタンプを一新

小田急線

駅スタンプを一新 社会

駅や街の特徴をデザイン

6月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter