藤沢版 掲載号:2017年3月24日号 エリアトップへ

3月13日に第42回発明大賞の「発明大賞本賞」を受賞した(株)バイオクロマトの代表取締役を務める 木下 一真さん 羽鳥在住 42歳

掲載号:2017年3月24日号

  • LINE
  • hatena

諦めない気持ちで新発明

 ○…優れた発明で産業の発展に寄与した中小企業、研究者を表彰する「第42回(2016年度)発明大賞」で、全国の応募総数67件の中から、最高賞の「発明大賞本賞」を受賞した。薬品が激しく沸騰して後処理に手間がかかる「突沸」を防止できるよう、世界初の濃縮方法を活用した試料濃縮装置「コンビニ・エバポシリーズ」の開発、普及に成功したことが高く評価された。医薬品や塗料など幅広い製品開発分野の研究者のリスクを大きく軽減できる装置で、「受賞できて大変嬉しい。開発中、絶対に諦めないという気持ちが根底にあった」と語る。

 ○…きっかけは、製薬会社に勤める知人からの助言だった。突沸防止方法などのアイデアをもらい、自身が経営する(株)バイオクロマト(本町)で10年ほど前から同装置の開発に着手。製品化したが数年間は販売台数ゼロが続き、試行錯誤の日々を送った。何度も試作を繰り返し、11年に特許を取得。学会発表や販売営業に尽力した結果、「現在は国内外800台を販売するまでに拡大した。今年中に累計900台を突破したい」と普及に意欲を燃やす。

 ○…生まれも育ちも藤沢市。幼いころから「『右に倣え』という考えが嫌いで、人と違う変わったことをしたいと思っていた」という。父親が設立した同社を引き継いだ後、その思いは「誰も作ったことのないものを作りたい」という目標に変わった。「新製品開発を始めるとき、周囲の賛同を得られない場合もある。でも何かを成し遂げるには反対を押し切り、既成概念にとらわれないことが大切」

 ○…3児の父親で、休日は我が子を連れて江の島沖で船釣りを楽しんでいる。また小、中、高とサッカーを続け、現在も仲間とプレーするという。今回の受賞を振り返り「藤沢の企業の技術力の高さが全国に知れ渡った。将来は、多くの子どもにものづくりの魅力を知ってもらえるよう努力したい」と言葉に力を込めた。

藤沢版の人物風土記最新6

きたおか まおさん

フリーアナウンサーで白旗神社の神主(出仕)も務める

きたおか まおさん

川名在住 47歳

1月21日号

川村 丈夫さん

神奈川フューチャードリームス(FD)の2022年シーズン監督を務める

川村 丈夫さん

 49歳

1月14日号

戸田 樹(たつき)さん

1月1日付で藤沢青年会議所(JC)の理事長に就任した

戸田 樹(たつき)さん

茅ヶ崎市在住 28歳

1月7日号

永松 進之介さん

「RISE Novaアマチュア全日本トーナメント」(-60kgクラス)で準優勝した

永松 進之介さん

藤沢在住 21歳

12月24日号

矢野 絵理奈さん

第13回IIBCエッセイコンテストで最優秀賞を受賞した

矢野 絵理奈さん

慶應義塾湘南藤沢高等部1年(15歳)

12月17日号

守谷 玲太さん

「FUJISAWA BLUEHANDS PROJECT」の発起人で、「藍左師」として活動する

守谷 玲太さん

本鵠沼在住 39歳

12月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook