藤沢版 掲載号:2017年4月21日号
  • googleplus
  • LINE

御神水への感謝を胸に 鵠沼伏見稲荷神社で祭典

文化

祭典で祈りを捧げた
祭典で祈りを捧げた

 鵠沼伏見稲荷神社(田村進宮司)で4月16日、「鵠沼和貴水(わきみず)感謝祭」が執り行われた。祭典は神社境内に湧き出る御神水への感謝とともに、今後も良い水が湧き出るようにと毎年実施されており、21回目を数える。

 和貴水は、1994年に御鎮座50年記念事業で深さ30mの井戸を掘った際に、豊富な水脈にあたり、湧き出したという。

 当日は晴天に恵まれ、祭典では「献茶の儀」のほか、野点も合わせて行われ、参加者らは和貴水で入れた抹茶や煎茶などを楽しんでいた。

 田村宮司は「23年間、絶えることなく水が湧き出ているのは神様の思し召し。この先10年、20年と、この祭典と水が枯れないように祈りたい」と語った。

 ミネラル豊富な自然水である和貴水は、毎日午前5時から午後10時まで給水できる。
 

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月17日号

お問い合わせ

外部リンク