藤沢版 掲載号:2017年10月6日号
  • googleplus
  • LINE

ピンクの「藍の花」開花 塩沢さんが遠藤で栽培

社会

「一緒に挑戦しませんか」塩沢さん(右)と佐野さん
「一緒に挑戦しませんか」塩沢さん(右)と佐野さん
 石川在住の塩沢功さん(69)が遠藤の畑で栽培している、藍の花が見ごろを迎えている。藍の茎先には、穂状にピンク色の米粒のような小花が咲いている。

 4年前から藍染め用に藍を栽培している塩沢さんは、「今年もたくさん咲いた。花を楽しんだ後、乾燥させれば種を取ることができる。種を植えれば、育つので、自由に摘んで」と話す。

湘南ブルー藍を世界に

 塩沢さんは、東京五輪のエンブレムに採用された市松模様は「藍色」だと知り、藍の栽培をスタートさせた。「世界に藤沢の藍を発信していきたい」

 発酵させた葉による藍染めは、深い藍色となる。その一方で、摘みたての生葉を使った藍染めは、淡い水色に仕上がる。塩沢さんはその水色を「湘南ブルー藍」と名付け、商品化やブランド化を目指している。

 農地法や資金面など、課題は尽きないが、どこからともなく理解者や支援者が集まっている。今夏から栽培を手伝う茅ヶ崎市の佐野太紀さん(34)もその一人だ。「工房を作って藍染めのワークショップをしたり、製品化して湘南の特産品にしたい」。若手の支援者を得て、また一歩、夢の実現に近づいている。

■畑へのアクセスは、交差点「慶応大学入口」前のセブンイレブン横の公道を約500m北上。右側に「藍」の立て看板と駐車場あり。

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月23日号

お問い合わせ

外部リンク