藤沢版 掲載号:2017年10月27日号 エリアトップへ

水彩・油彩画で11月2日から長後駅前のギャラリー669で「90歳展」を開く 福島 光夫さん 高倉在住 90歳

掲載号:2017年10月27日号

  • LINE
  • hatena

90年の世界観 絵筆に託し

 ○…今年1月に満90歳を迎えたことを記念し、ヨーロッパや国内の風景画を中心に描き溜めた力作の中から30点ほどを展示する。クリスチャンという縁で10月初旬に藤沢北教会でも「90歳展」を開催。5日間で150人以上が来場するほど盛況だった。「たくさんのご縁に恵まれ、この歳になって個展を開けるのは幸せなこと」と優しく微笑む。

 ○…長野県出身。小学校を卒業後、家業の床屋を継ぐために都内へ修行に。師となった父の友人が教養のためにと美術展に連れて行ってくれたことがきっかけで、絵画に興味を持つようになった。その後ハサミを手にすることなく戦争を迎え、辻堂に疎開。戦後は茅ヶ崎の平和学園で6年間教鞭を執った。師匠に誘われ、理容師の社会的地位の向上や業界の礎作りに携わることに。理容師や指導者を育成する学校の創設や教材の作成などに奔走した。都内の「中央理美容専門学校」では副校長を務め、講習で全国を巡り歩いた。「理容師を目指したが、客の髪を切ることはなかった、珍しい生き方でしょ」と笑う。

 ○…旅先に必ず持って行ったのがスケッチブック。趣味として目にする風景を描き、定年後も度々海外へ一人旅に出た。「旅先では楽しい出会いがたくさんあり、忘れられない」と振り返る。3年前に長年連れ添った妻が他界。元気をなくしていたが、間もなく迎える90歳を目標に一念発起して筆を再び握り始めた。水彩画しか描いてこなかったが、折れた杖を修復する際に油絵具を使ったことがきっかけで、2年前から油彩にも挑戦。現在は6時間睡眠で、制作活動は深夜0時過ぎまで及ぶほど没頭している。

 ○…「100歳展も開けたらいいですね、生きているかわからないけど」。声帯を痛め、声は出しにくくなったが、目の輝きや記憶力、制作意欲は年齢を感じさせない。かつて世界中で目にしてきた風景を脳裏に描き、今日も静かに絵筆を動かし続ける。

藤沢版の人物風土記最新6

寺嶋 真弓さん

10周年を迎えた藤沢市倫理法人会の会長

寺嶋 真弓さん

茅ヶ崎市在住 43歳

11月26日号

高野 正基さん

学校法人湘南台学園理事長で県私立学校教育功労者表彰を受賞した

高野 正基さん

湘南台在住 68歳

11月19日号

こまつ あやこさん

自身3作目となる「ポーチとノート」を先月出版した児童文学作家

こまつ あやこさん

市内在住 35歳

11月12日号

西永 雄二さん

10月中旬まで初開催された「東リ町アートフェス」を発案した

西永 雄二さん

片瀬海岸在住 50歳

11月5日号

中野 晃太さん

映画『リテイク』に取り組む映画監督でNPO法人湘南市民メディアネットワークの代表

中野 晃太さん

善行在住 34歳

10月29日号

桒山(くわやま) 賀行(がこう)さん

10月24日(日)まで「第30回手で触れて見る彫刻展」を開いている

桒山(くわやま) 賀行(がこう)さん

白旗在住 73歳

10月22日号

1周年記念 特別大感謝セール

11月23日㈫~11月29日㈪まで全品10%オフ!

https://baniku.thebase.in/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook