藤沢版 掲載号:2017年11月10日号
  • googleplus
  • LINE

ブドウをあしらった陶器を手掛け、23日から辻堂のギャラリーえんで初の個展を開く 酒井 由美子さん 辻堂東海岸在住

ブドウに魅せられて

 ○…果物のブドウに魅せられ、その実や葉、蔦などをモチーフに陶器を手作りしている。作品はどこかエレガントで可愛らしく、陶芸仲間や講師の間でも評判となり、今月23日から初めて個展を開くことが決まった。展示するのは、コーヒーカップや皿などの食器をはじめ、時計や壁飾り、花器など約90点。そのすべてにブドウがデザインされている。「作陶展ですが、メインはブドウなんです」と明るく笑う。

 ○…若い頃に訪れた神戸で、ブドウの飾りが付いたワイングラスを見つけたことがきっかけだった。「すごく可愛くて、それからブドウが目につくようになった」と小物の収集を始め、現在自宅は、食器から家具、電気スタンド、ゴミ箱までブドウずくめ。理由は言葉に表せないが「形も食べるのも飲むのも、とにかく大好き」と魅了されている。陶芸は夫の転勤で福岡に移り住んだ5年前に、既製品では飽き足らず、自身が使う食器を手作りしようと習い始めた。最初は趣味程度だったが、2年前に自宅の一室をアトリエにするほどのめり込んでいる。

 ○…相模原市で生まれ育った。身長が177cmと高い。小学生で170cmあり、クラスでは、よく集合場所など目印の役割だったという。長身に加えその美貌を生かし15歳からモデルとして活躍した。雑誌やTVコマーシャル、ファッションショーに出演。国内はもちろん海外の多様な都市を訪れ、一流デザイナーと仕事をする日々を送った。「自分の美的センスが磨かれていた時代だったと思う。あの経験がなければ、陶芸もできていない」と話す。

 ○…個展に向けては、有島武郎の童話「一房の葡萄」を例に挙げる。作品の中でブドウは、教諭が教え子である子どもの心を和ます贈り物であった。「そんな人々の心に届くような作品にしたい。ブドウには人の心を和ます力があるし、私も思いを込めて作っています」と力を込めた。
 

藤沢版の人物風土記最新6件

高橋 可成(かなる)さん

「毎日写真コンテスト」で文部科学大臣賞を受賞した

高橋 可成(かなる)さん

1月12日号

巽(たつみ) 菜緒さん

今年の成人式実行委員長を務める

巽(たつみ) 菜緒さん

1月5日号

三觜 隆嗣(たかし)さん

1月1日付で(一社)藤沢青年会議所の理事長に就任した

三觜 隆嗣(たかし)さん

1月1日号

大野木 加代子さん

「日本タウン誌・フリーペーパー大賞2017」読者投票部門で1位になった「ふじさわびと」を立ち上げた

大野木 加代子さん

12月22日号

五十嵐 紀子さん

創設40周年を迎えた社会福祉法人「光友会」の理事長を務める

五十嵐 紀子さん

12月15日号

毛利 悠子さん

藤沢市アートスペースで企画展「毛利悠子 グレイ スカイズ」を開いている

毛利 悠子さん

12月8日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

映画ロケ地などで撮影

映画ロケ地などで撮影

ロスピノスで写真展

1月14日~1月29日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月12日号

お問い合わせ

外部リンク