藤沢版 掲載号:2017年11月17日号
  • LINE
  • hatena

台風21号 被害1億5千万に 江の島岩屋 復旧めど立たず

社会

台風21号の影響で崩落した江の島岩屋の階段(写真提供:藤沢市)
台風21号の影響で崩落した江の島岩屋の階段(写真提供:藤沢市)
 藤沢市は11月10日、台風21号による被害状況を発表し、市内公共施設の被害総額が約1億5千万円になる見通しを明らかにした。台風21号は、最も接近した10月23日未明が満潮時に重なったため、江の島に高潮による甚大な被害をもたらした。また、沿岸部を中心に施設の損壊が発生した。

 被害が最も大きい観光施設・江の島岩屋は、入口へ続く階段の崩落、洞窟内への岩石の流入などで7千939万円、同じ島内の名所である稚児ヶ淵のレストハウスは、階段の手すりや道路の破損で832万円の被害額となった。

 沿岸部でも損害は大きく、片瀬漁港の荷さばき施設の扉の破損、陸揚げ中の漁船転倒などで1千49万円、鵠沼海浜公園にあるスケートパーク臨時駐車場の外周フェンスの破損で340万円、藤ヶ岡中学校の校舎棟屋根が壊れ486万円、藤沢駅でも北口エレベーターが故障し58万円など、総額は1億4796万1千円に上った。

 県の発表によると被害は他にも、ビニールハウスの破損、江の島片瀬漁協の大型定置網の破損なども報告されている。

 市内の物的被害では、床下浸水が14件、床上浸水7件、家屋破損等23件、道路冠水5件、倒木等13件、電線障害3件、車両の破損5台だった。

 最も被害を受けた江の島岩屋、稚児ヶ淵レストハウスは、今だ復旧のめどが立っていない状況で、立ち入り禁止となっている。

 今回発表された被害額は、調査中のものは含まれておらず、さらに被害総額の拡大が予想される。

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6件

TOTO藤沢グランドオープン

TOTO藤沢ショールームが新築移転。12月1日から7日までオープニングフェア

https://showroom.toto.jp/

<PR>

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絵本の音読楽しもう

絵本の音読楽しもう

白旗の有隣堂で

12月13日~12月13日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年11月30日号

お問い合わせ

外部リンク