藤沢版 掲載号:2018年1月19日号 エリアトップへ

自転車レース「オートルート」の日本人初のアンバサダーに就任した 対馬 伸也さん 鵠沼海岸在住 44歳

掲載号:2018年1月19日号

  • LINE
  • hatena

失敗は成功へのステップ

 ○…山岳コースを7日間で約800Km走破するアマチュアの自転車レース「オートルート」。ピレネーやアルプス、ドロミテという高峰を3連続で完走し、「トリプルクラウン」という称号を日本人で初めて獲得した。その功績が認められ、このほどレースの広報や普及をする日本人初のアンバサダーに就任した。「自転車やレースのことを多くの人に知ってもらいたい。日本人初の称号を得られて嬉しい」と喜びを語る。

 ○…東京都江戸川区生まれ。子どもの頃から運動は得意ではないタイプで学生、社会人になってからも本格的にスポーツをすることはなかった。38歳の時、腰痛で入院したのをきっかけにピラティスやウォーキングを始めると楽しくなり、フルマラソンやトライアスロンにも挑戦。中でも人間の力では困難な長距離を走ることができる自転車に魅了され、熱中するようになった。「腰痛になっていなければ運動する面白さを知ることもなかった。自転車の面白さにも気付かなかったと思う」と笑顔で話す。

 ○…オートルートに興味を持ち始めたのは、出場したトライアスロン仲間からレースの様子を聞いたことがきっかけ。41歳でイタリア東部ドロミテのレースに初出場するが、初日に熱中症にかかってしまい完走できず、悔しい思いをした。次は制覇したいという思いがフツフツと湧き上がり、翌年に再挑戦し完走した。「失敗は成功へのステップ。のめりこみすぎて周りからは『クレイジー』と言われている」と笑った。

 ○…現在は自身が体験してきたトレーニング法や栄養について教えるパーソナルトレーナーの会社を運営。市内でサイクリングガイドとしても働いている。今後はサイクリングの普及をしながら、レースにも出場をしたいという。「仕事をしながらアンバサダーとして講演会やイベントを企画したい。自転車に乗りたい人を1人でも増やしていきたい」と決意を語った。

藤沢版の人物風土記最新6

稲垣 幹矢さん

ロボットアプリ開発・販売企業「(株)シャンティ」代表

稲垣 幹矢さん

辻堂新町在勤 54歳

11月27日号

福島 進さん

市内の小学生らにふじキュンのイラスト入りマスク8千枚を寄付した

福島 進さん

江の島在住 69歳

11月20日号

上西(じょうにし) 宏明さん

市教育委員会に弁護士資格を持つ職員「スクールロイヤー」として配置された

上西(じょうにし) 宏明さん

羽鳥在住 33歳

11月13日号

呉(くれ) 吉男さん

ピンクリボン活動などを展開する「NPO法人あいおぷらす」の理事長を務める

呉(くれ) 吉男さん

鵠沼松が岡在勤

11月6日号

朝香 智子さん

作曲家、ソロアーティスト、ピアノ演奏ユーチューバーとして活動する

朝香 智子さん

藤沢市内在住 37歳

10月30日号

栁町 卓(たかし)さん

11月7日開催の「湘南ふじさわジャズミーティング」でディレクターを務める

栁町 卓(たかし)さん

鵠沼花沢町在住 54歳

10月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク