藤沢版 掲載号:2018年1月19日号
  • googleplus
  • LINE

かながわ商店街大賞 本鵠沼が準大賞 「はす池通り物語」が高評価

社会

賞状を手にする清水理事長(中央左)と古河さん(同右)。左は以前「神奈川なでしこブランド」に認定されたベーカリーアンジュの岩渕祐子さん、右は同ブランド認定のスワン洋菓子店の中西貴子さん
賞状を手にする清水理事長(中央左)と古河さん(同右)。左は以前「神奈川なでしこブランド」に認定されたベーカリーアンジュの岩渕祐子さん、右は同ブランド認定のスワン洋菓子店の中西貴子さん
 地域の商店街の活性化を目指し、優れた取り組みを続けている団体を称える「かながわ商店街大賞」の授賞式が1月9日、横浜市内で行われ、商店街部門で本鵠沼商店街協同組合が準大賞に輝いた。市内の団体が受賞したのは初めて。

 県と県内の経済団体からなる「かながわ商店街大賞実行委員会」が主催する同大賞。商店街の魅力を広く発信し、地域の活性化を目的に2012年度から毎年実施している。

 6回目の開催となった今回、同部門には8団体、大型店部門に2団体が参加。昨年行われた厳正な審査の結果、12年から継続しているプロジェクト「本鵠沼はす池通り物語」など、同組合が取り組むユニークな活動が高く評価された。

 プロジェクトを考案したのは、当時同組合の理事長を務めていた古河弾さん。商店街の集客数拡大を目指し、地域のシンボルである「蓮池」にちなんで、レンコンをテーマにした新商品開発を各店舗に呼び掛けた。さらに毎週土曜日を「レンコンの日」と定め、開発したさまざまな商品の販売を続け、ユニークな事業として注目を集めた。

 15年には、レンコンと黒ゴマあんを使用した「はす池あんぱん」や、赤ワインで煮込んだレンコンで作った「恋婚パイ」など、同プロジェクトから生まれた4商品が、県の「神奈川なでしこブランド」に認定され、話題となった。

 授賞式には、同組合の清水朋和理事長と古河さんが出席。主催者を代表して登壇した(公社)商連かながわの岡野誠一会長から表彰状を手渡された。

 古河さんは「受賞は我々の商店街にとって、一つの大きな救い。これを起爆剤に、さらに地域の活性化に励みたい」と熱意を示した。清水理事長は「名誉ある賞をいただいたからには、より一層地域のために頑張りたい」と語った。

藤沢版のトップニュース最新6件

「プンチャック」で日本代表

SFC4年麻生さん

「プンチャック」で日本代表

8月17日号

駅周辺をバリアフリー化

善 行

駅周辺をバリアフリー化

8月17日号

3チームが世界大会へ

ヒップホップダンス

3チームが世界大会へ

8月10日号

戦火の記憶、後世に

放置自転車100台贈る

藤沢市→ギニア

放置自転車100台贈る

8月3日号

地域に開かれた施設へ

湘南アイパーク

地域に開かれた施設へ

8月3日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月17日号

お問い合わせ

外部リンク