藤沢版 掲載号:2018年5月4日号 エリアトップへ

藤沢市:中学校給食 南部でも導入へ 10月から片瀬中で

教育

掲載号:2018年5月4日号

  • LINE
  • hatena
デリバリー給食は、主食とおかず(主菜・副菜)に牛乳が付いて300円。市の栄養士が献立を決めている
デリバリー給食は、主食とおかず(主菜・副菜)に牛乳が付いて300円。市の栄養士が献立を決めている

 藤沢市は今秋10月から、片瀬中学校で新たにデリバリー方式の給食を導入する。2014年度から弁当持参との選択制がスタートし、現在は市の北部を中心に12校で実施。南部でも導入を進め、31年度をめどに全19校で実施を目指している。

 藤沢市では、小学校で完全給食が実施されているが、中学生は弁当持参だった。市は11年7月、中学校給食検討委員会を設置し協議を重ね、13年に基本方針を策定。配膳や片付けにかかる時間、財政面の負担などの課題を踏まえ、民間業者が調理するデリバリー方式の給食と、弁当持参の選択制の導入を決めた。

 これまで、宅配時間が短く済むように運営業者(綾瀬市)から近い北側の学校を中心に導入を進めてきたが、今年度は10月に片瀬中で実施が決定。これを皮切りに、市は南部の学校でも順次導入し全校実施を目指している。

 市は新たな取り組みとして、昼時間の校内放送を利用して、旬の食材やデリバリー弁当のおかずを紹介するコーナーを大清水中と高倉中の2校で実施する。

 また、コンビニでの現金振込のみだった給食費の入金方法もクレジット決済ができるよう改善を予定している。

 市教育委員会によると、17年度のデリバリー給食の利用率(喫食率)は31・1%。開始から3年間、29%から33%の間で推移している。

 同じデリバリー給食と弁当持参の選択制は、県内では、愛川町や海老名市などでも導入。相模原市では、10年から実施し、利用率は同年度は59%だったが、その後、16年には44%に低下している。

 藤沢市教育委員会は「ライフスタイルの多様化が進んでおり、デリバリー給食は選択肢の一つとして考えている。喫食率が何%かということよりも、おいしい安全安心な給食を子どもたちに提供できるよう努めていきたい」と話している。

ユーミーらいふ藤沢店

湘南の賃貸取扱件数No.1 湘南エリアで賃貸物件をお探しならユーミーネットへ

https://www.shonanchintai.com/

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

4回目接種 月内にも開始

新型コロナワクチン

4回目接種 月内にも開始 社会

60歳以上と基礎疾患ある人

5月20日号

待機児童2年連続ゼロに

待機児童2年連続ゼロに 教育

定員拡大策が奏功

5月20日号

全国初、災害備え新型車

藤沢市消防局

全国初、災害備え新型車 社会

遠距離から大量送排水可能

5月13日号

木彫のマリア像 長崎へ

みその台親松英治さん

木彫のマリア像 長崎へ 社会

「一生の仕事」40年かけ完成

5月13日号

3年越しの要望実る

藤沢大庭郵便局

3年越しの要望実る 社会

地域住民らが移設求め

5月6日号

学校運営に地域の力

コミュニティ・スクール

学校運営に地域の力 コミュニティ教育

市立小中13校に導入

5月6日号

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook