藤沢版 掲載号:2018年6月29日号
  • googleplus
  • LINE

県中学バレー選手権 藤ヶ岡中46年ぶり優勝 息合う守備と攻撃で躍進

スポーツ

優勝した藤ヶ岡中女子バレー部メンバーら
優勝した藤ヶ岡中女子バレー部メンバーら
 藤ヶ岡中学校女子バレーボール部が、今月2日と9日に県内各地で開かれた県中学校選手権大会で46年ぶりの優勝を果たした。粘り強い守備と息の合った攻撃で県の頂点に立った。

 同大会は、県内8地区の予選を勝ち抜いた128校が出場。県ナンバーワンを目指し、熱戦を繰り広げた。

 藤ヶ岡中は初戦から5試合をストレート勝ち。続く準決勝の西高津中(川崎市)戦は、大竹寿弘監督が「あまり得意な相手ではなかった」というように試合は終始ポイントをリードされる展開で苦戦を強いられる。セットカウント1対1から勝負の第3セット。粘り強いレシーブと息の合った攻撃でセットを奪い勝利。決勝では湘光中(大井町)を、ストレートで下し、優勝をつかみ取った。

切磋琢磨し合い

 同部は部員24人が所属し、「闘魂」をスローガンに掲げ、日々練習を重ねている。キャプテンの齋藤夏瑞さん(3年)は「選手同士で良いところも悪いところも率直にアドバイスを送り合っている」と話し、切磋琢磨しながら力をつけている。

 持ち前のレシーブやブロックに加えて時間差攻撃や、おとりを使って相手を惑わしアタックを決めるサインプレーなど息の合ったコンビネーション攻撃も武器のひとつだ。

目指すは全国大会

 チームが目指すのは全国優勝。昨年は関東大会で惜しくも敗れ、今年にかける意気込みは強い。全国大会は7月の県総体でベスト4に入り、8月の関東大会でベスト8に残ることが条件。大竹監督は「目標を掲げ真剣にバレーに取り組む部員たちを自分がしっかりサポートしていく」と話す。今大会の優勝で弾みをつけ、全国を目指す。

藤沢版のトップニュース最新6件

市民病院 整備工事が完了

2年連続で東日本へ

湘南学園中将棋部

2年連続で東日本へ

7月13日号

ふるさと納税7億“赤字”

藤沢市

ふるさと納税7億“赤字”

7月6日号

「CLIP」が優秀賞

日本文具大賞

「CLIP」が優秀賞

7月6日号

中学部活動 週休2日に

六会で本格運行

乗合タクシー

六会で本格運行

6月22日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

”独創”の陶磁器150点展示

”独創”の陶磁器150点展示

あすから湘南西脇画廊で

7月7日~7月29日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月13日号

お問い合わせ

外部リンク