藤沢版 掲載号:2018年8月31日号 エリアトップへ

「革のクリニック」店主仲本智之さん 初の世界マスターズへ意気揚々

スポーツ

掲載号:2018年8月31日号

  • LINE
  • hatena
出場した大会のメダルがずらりと並ぶ店内=24日、石上
出場した大会のメダルがずらりと並ぶ店内=24日、石上

陸上5000m「挑戦できる幸せ」かみしめ

 鵠沼石上で「革のクリニック」を営む仲本智之さん(55)が9月からスペインで開催される「世界マスターズ陸上」の5000mに出場する。国内の様々な大会で入賞を果たしてきたが、国際大会は初めて。世界中の「足自慢」が集う大舞台を前に「自己ベストを出して、メダルを獲りたい」と意気込んでいる。

◇  ◇  ◇

 158cm、56kg。がっしりとした体格が積み重ねてきたトレーニングをうかがわせる。「体格がランナーらしくないとからかわれる。僕にとってトラック競技は格闘技みたいなもんですけどね」とからから笑う。

 きっかけは24年前、当初はダイエットのためだったが、すぐに競技の楽しさに魅せられた。「きちんと目標を定めて一歩一歩進めば結果がついてくる。それが醍醐味」と仲本さん。体重が12kg落ちた今も毎朝2時間のトレーニングを欠かさない。

 9年前には陸上競技連盟に登録し、本格的に競技に打ち込んだ。2年前新潟県で行われた全日本マスターズ陸上では全国3位に入り、昨年からは全国都道府県対抗マスターズ駅伝の県代表。また今月18日に大和市で開催された神奈川マスターズ陸上選手権では55―59歳の部で優勝、全体でも2位の好成績を収めた。

 満を持しての大舞台。5000m自己ベストの17分1秒を出すことができれば、メダルも十分射程圏内だ。どんな相手が出るか、ベストの体調で臨めるか、正直不安もある。ただ、こうも思う。

 「この年になって目標に向かってあれこれと不安になれるのが幸せなこと。チャレンジできる幸せをかみしめて、心を込めて走りたい」

藤沢版のローカルニュース最新6

湘南台アートスクエア着工

湘南台アートスクエア着工 社会

来年3月に供用開始

10月22日号

社労士が無料相談

労災や保険、年金など

社労士が無料相談 社会

10月22日号

道の写真を再募集

道の写真を再募集 社会

緊急事態宣言解除受け

10月22日号

ラッピングバスでPR

国際RC2780地区

ラッピングバスでPR 社会

ポリオ根絶へ啓発活動

10月22日号

火災予防、ポスターで

火災予防、ポスターで 教育

11月運動週間に展示も

10月22日号

中世の江の島

文書館資料展

中世の江の島 文化

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook