藤沢版 掲載号:2019年2月8日号 エリアトップへ

1月からブロードウェイミュージカルに挑戦している俳優 小野 功司さん 亀井野出身 37歳

掲載号:2019年2月8日号

  • LINE
  • hatena

更なる高みを目指して

 ○…海を渡りいざ、ミュージカルの本場、ブロードウェイへ――。「日本と世界の国々を演劇でつなぎたい」という夢を叶えるため昨年末、11年間所属した劇団四季を退団。「さらなる自身の成長のためにも挑戦しよう」と決心し渡米した。3月からはニューヨークの演劇学校に通う予定で「ミュージカルを本格的に始めるきっかけともなった憧れの地。とにかく、わくわくしている」と目を輝かせる。

 ○…大学卒業後のアメリカ留学でブロードウェイミュージカルを見た時に衝撃が走った。「いつか自分も出てみたい」。歌と踊りの経験は全くなかったが、帰国後、1年間スクールに通い、がむしゃらに練習に励んだ。その後、某テーマパークのパフォーマーとしてのアルバイトの傍ら、劇団四季のオーディションに応募。見事一発で合格し、ミュージカルの世界に飛び込んだ。「人間になりたがった猫」が初舞台。その後「アイーダ」や「ライオンキング」など数々の有名作品に出演した。

 ○…中学生の時、市民会館で父と「アンネの日記」を見たのをきっかけに演劇に興味を持ち始めた。元々小説好きということもあり、高校2年生の時の授業では演劇のセリフについて教員と語り合ったことも。「こんなにも一つひとつのセリフに意味があるんだ」と惹かれていった。大学3年生の時には、プロを目指し演劇研究所に入所し、基礎を学んだ。

 ○…渡米前には2週間ベトナムにボランティアへ。孤児院で英語を教えるプログラムに参加した。そこでの経験から「将来はアジアや世界中の人を演劇でつなげて、子どもたちを笑顔にしたい」と決意。「やりたいと思ったことは行動すれば必ず実現できる。経験は必ず成長につながる。失敗なんかない」

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

藤沢版の人物風土記最新6

鈴木 泰堂(たいどう)さん

年間400人以上の相談を受ける、示現寺(じげんじ)住職の

鈴木 泰堂(たいどう)さん

用田在住 44歳

4月10日号

太田 宗平さん

4月12日まで個展を開催する「紙彩画」の作家

太田 宗平さん

善行在住 87歳

4月3日号

松尾 忠男さん

今月20日、写真集「NEW YORK」を刊行した写真家

松尾 忠男さん

鵠沼東在住 71歳

3月27日号

藤原 博史さん

4月3日に放送されるNHKドラマ『猫探偵の事件簿』のモデルになった

藤原 博史さん

大鋸在住 50歳

3月20日号

安藤 宏子さん

絞り染めの普及、研究に長年尽力する染め物作家

安藤 宏子さん

鵠沼藤が谷在住 78歳

3月13日号

アラカリ 大輔さん(本名:内藤大輔)

「湘南アフリカモン協会」の代表でアフリカンミュージックアーティストの

アラカリ 大輔さん(本名:内藤大輔)

片瀬山在住 39歳

3月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月10日0:00更新

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月10日号

お問い合わせ

外部リンク