藤沢版 掲載号:2019年3月8日号 エリアトップへ

ソフトテニス 小3ペア初の全国へ 「全力出し切る」

スポーツ

掲載号:2019年3月8日号

  • LINE
  • hatena
全国大会に出場する市川さん(左)と鈴木さん
全国大会に出場する市川さん(左)と鈴木さん

 鵠沼神明の第一中学校で主に練習する「藤沢ジュニアソフトテニスクラブ」の小学3年生ペアが、3月29日に千葉県白子町で開幕する第18回全国小学生大会・4年生以下の部に初出場する。競技を始めてから3年、目標にしていた舞台に「全力を出し切りたい」と意気込んでいる。

 出場するのは、市川結菜さん(湘南台小3年)と鈴木綾華さん(亀井野小3年)のペア。昨年10月、上位4組が全国大会に出場できる県選手権大会で準優勝し切符を手にした。「うれしかった」と初出場に笑顔を見せる。大会は参加40組のトーナメントで、2人は5試合中3試合がフルセットにもつれ込む接戦。「試合中みんなの応援が聞こえた」とチームメイトの声援が力となり接戦を戦い抜いた。

 ペアを組んで1年。同クラブの鈴木雅史代表は「試合中に悔しくて泣きだすほど、お互いにとても負けず嫌いな性格」と共通点を表す。プレーは、ミスが少なく、狙ったところへ打てる正確なショットが特徴だ。

 全国大会は各地域の予選を勝ち抜いた170組が参加予定。2人は「緊張するけど、練習をいっぱいして、決勝トーナメントに勝ち残れるように頑張りたい」と声をそろえた。

クラブ設立3年実力も向上

 同クラブは、3年前、鈴木代表が「競技の底辺を広げたい」と有志と共に設立した。コーチ経験はあったが小学生を教えるのは初めてで、最初は、子どもが練習に飽きてコートの砂で遊びだすこともあった。「教えるより、どうやって楽しませるかを考えた」と練習も工夫してきた。

 市川さんと鈴木さんは、クラブ設立当初から指導してきた2人。全国大会出場に鈴木代表の喜びもひとしおだ。「力を出し切れる環境を作ってあげたい。初めてなので県代表として自信を持って、笑顔で戦ってほしい」とエールを送った。

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

湘南台をアートの街に

湘南台をアートの街に 文化

地下広場活用へイベント

2月21日号

鈴木氏が大差で3選

藤沢市長選

鈴木氏が大差で3選 政治

2期8年の実績「認められた」

2月21日号

江の島周辺 交通規制へ

江の島周辺 交通規制へ 経済

五輪セーリング期間で調整

2月14日号

3カ月遅れで開所へ

羽鳥の新設認可保育園

3カ月遅れで開所へ 社会

運営法人の不正受給受け

2月14日号

マスク品薄、観光にも影

新型コロナウイルス肺炎

マスク品薄、観光にも影 社会

市や保健所が注意喚起

2月7日号

吉野さん、名誉市民に

ノーベル化学賞

吉野さん、名誉市民に 社会

地域貢献にも意欲

2月7日号

五輪事前合宿へ3者協定

エルサルバドル共和国

五輪事前合宿へ3者協定 スポーツ

藤沢市 受け入れ歓迎

1月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

駅前に長ごたつ

駅前に長ごたつ

3月1日、長後

3月1日~3月1日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク