藤沢版 掲載号:2019年3月15日号 エリアトップへ

日大生がお笑い日本一 4人組が大会で優勝

社会

掲載号:2019年3月15日号

  • LINE
  • hatena
大学のお笑いサークル日本一に輝いた「ガニ股ガニ」。(左から)鍋嶋さん、土田さん、佐藤さん、森山さん
大学のお笑いサークル日本一に輝いた「ガニ股ガニ」。(左から)鍋嶋さん、土田さん、佐藤さん、森山さん

 大学のお笑いサークル日本一を決める大会「NOROSHI(ノロシ) 2019」が3月4日、東京のルミネtheよしもとで開催され、日本大学生物資源科学部落語研究会の4人組「ガニ股ガニ」が優勝した。

 お笑いサークルに所属する現役大学生がチームを組み、「漫才・コント・ピン」の3種目で争うお笑い団体戦。5回目の今年は関東地区の大学を中心に168チームが出場し、予選を勝ち抜いた8チームが決勝大会で熱戦を繰り広げた。各チーム持ち時間3分のネタを3種目ずつ行い、審査員の採点と観客の投票の合計で順位を決定した。

 大会を制したのは、落語研究会の4年生、鍋嶋颯杜(はやと)さん、土田元晴さん、森山理喜さん、佐藤大介さんのチーム「ガニ股ガニ」。同大博物館に展示されているタカアシガニをヒントに命名したチームで、決勝戦では、鍋嶋さん・土田さんの「1500メートル」による漫才、森山さん・佐藤さんのコンビ「おまねき」がコント、森山さん扮する「シャワーカーテニスト」がピン芸を披露。8チーム中最後の出番ながら、会場を笑わせ、2位の東京大学落語研究会「チームばぢぼだず」に7ポイント差で優勝を勝ち取った。

 4人は「優秀な大学が揃う中で、信じられない。表情と動きで笑いを取るコントとピンのネタがお客さんに受け入れられた」と喜びを語った。

昨年のリベンジ

 大会出場へまとめ役となった鍋嶋さんは、先輩と出場し予選敗退となった昨年のリベンジを果たしたいと臨んだ。

 決勝進出を目標にしたが、学外でもライブを開くような他大学と比べ、4人はネタ数が少なく経験不足。その差を補おうと大会には使い慣れたネタで挑み、予選、準決勝を通じて磨きをかけていった。「決勝では修正した所がウケたので成功だった。これで先輩への恩返しと後輩にも道筋ができた」と4人で声を揃えた。

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

湘南台をアートの街に

湘南台をアートの街に 文化

地下広場活用へイベント

2月21日号

鈴木氏が大差で3選

藤沢市長選

鈴木氏が大差で3選 政治

2期8年の実績「認められた」

2月21日号

江の島周辺 交通規制へ

江の島周辺 交通規制へ 経済

五輪セーリング期間で調整

2月14日号

3カ月遅れで開所へ

羽鳥の新設認可保育園

3カ月遅れで開所へ 社会

運営法人の不正受給受け

2月14日号

マスク品薄、観光にも影

新型コロナウイルス肺炎

マスク品薄、観光にも影 社会

市や保健所が注意喚起

2月7日号

吉野さん、名誉市民に

ノーベル化学賞

吉野さん、名誉市民に 社会

地域貢献にも意欲

2月7日号

五輪事前合宿へ3者協定

エルサルバドル共和国

五輪事前合宿へ3者協定 スポーツ

藤沢市 受け入れ歓迎

1月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

駅前に長ごたつ

駅前に長ごたつ

3月1日、長後

3月1日~3月1日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク