藤沢版 掲載号:2019年3月29日号 エリアトップへ

福島県に通い続け、自然や動物を描く画家 山内 若菜さん 辻堂東海岸在住 41歳

掲載号:2019年3月29日号

  • LINE
  • hatena

命の大きさを描く

○…東京電力第1原発事故後の福島に通い続け自然などを描いている。その新作個展を横浜市のギャラリーで開催中。代表作の「山」と「海」は、福島の大自然とそこに佇む自身の心象少女を描いた。横7・2m、縦1・8mに及ぶ大きな作品。「包み込まれるように見てもらえる、私の描いた福島を体験してほしい」と静かに語る。

 ○…動物が好きで、牧場でよくスケッチをしていた。3・11の後、「大切な命が傷つけられている」と悲しい気持ちで絵筆を取った。メディアを通して見た牧場の絵を描き展覧会で披露すると、仲間から「実際はこんなもんじゃない。現場に行くべきだ」と誘われ、浪江町や飯舘村の牧場を訪れるように。家畜の殺処分、変死する牛や馬。想像で描いたものとまったく違う世界を目の当たりにし「命が軽んじられているようだ」と陰鬱な気持ちになった。

 ○…それから取材やボランティアで月に1度は通っている。そうして描く絵は、福島で感じた放射能の見えない怖さを描くと同時に、命の尊さや大きさを表現するように。「無駄な命なんてないから」。強い気持ちは作品のサイズも大きくする。現地へ何度も行き取材して描いた「牧場」は横30mにも及ぶ大作。地球を身ごもる母親を表現した「福島の母」は縦7mになる。県内外で精力的に個展を開き、それが縁となり、今は小中学校で講演会を開くようになった。

 ○…生まれは辻堂東海岸。幼い頃から絵が好きで美術大学に進み、卒業後は働きながら絵が生きる糧に。最初に福島を訪れてから6年、当初は暗く黒い画面構成だった絵は、少しずつ明るく変化しているという。「私自身が心を変えて見えてきたものがある。今は福島が第2の故郷。その美しさを描いていきたい」

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

藤沢版の人物風土記最新6

小宮 明日翔(あすか)さん

先月、藤沢市民まつりで藤沢2020応援ソングを初披露した非営利団体「SASP」代表の

小宮 明日翔(あすか)さん

辻堂元町在住 18歳

10月11日号

川上 彰久さん

公益社団法人 藤沢法人会の会長を務める

川上 彰久さん

鵠沼藤が谷在住 69歳

10月4日号

塚本 博信さん

太極拳のルーツとされる陳氏太極拳の伝承者として活動する養芯会総師範

塚本 博信さん

村岡在住 47歳

9月27日号

村田 尚彦(たかひこ)さん

神奈川県救急医療功労者表彰を受賞した医療法人社団村田会理事長を務める

村田 尚彦(たかひこ)さん

円行在住 61歳

9月20日号

ジェシー・ニューボールドさん

藤沢市主催の初級者向け英語講座で講師を務めた

ジェシー・ニューボールドさん

鵠沼東在住 45歳

9月13日号

柴田 敦さん

鉛筆画の作品展「白と黒の世界」を市内初開催する

柴田 敦さん

片瀬山在住 50歳

9月6日号

藤井 治子さん

「湘南の魅力発見プロジェクト」のワークショップで講師を務めるグラフィックデザイナー

藤井 治子さん

辻堂太平台在住 43歳

8月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大磯の52会場で「うつわの日」

大磯の52会場で「うつわの日」

10月25日(金)から3日間

10月25日~10月27日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク