藤沢版 掲載号:2019年3月29日号
  • LINE
  • hatena

福島県に通い続け、自然や動物を描く画家 山内 若菜さん 辻堂東海岸在住 41歳

命の大きさを描く

○…東京電力第1原発事故後の福島に通い続け自然などを描いている。その新作個展を横浜市のギャラリーで開催中。代表作の「山」と「海」は、福島の大自然とそこに佇む自身の心象少女を描いた。横7・2m、縦1・8mに及ぶ大きな作品。「包み込まれるように見てもらえる、私の描いた福島を体験してほしい」と静かに語る。

 ○…動物が好きで、牧場でよくスケッチをしていた。3・11の後、「大切な命が傷つけられている」と悲しい気持ちで絵筆を取った。メディアを通して見た牧場の絵を描き展覧会で披露すると、仲間から「実際はこんなもんじゃない。現場に行くべきだ」と誘われ、浪江町や飯舘村の牧場を訪れるように。家畜の殺処分、変死する牛や馬。想像で描いたものとまったく違う世界を目の当たりにし「命が軽んじられているようだ」と陰鬱な気持ちになった。

 ○…それから取材やボランティアで月に1度は通っている。そうして描く絵は、福島で感じた放射能の見えない怖さを描くと同時に、命の尊さや大きさを表現するように。「無駄な命なんてないから」。強い気持ちは作品のサイズも大きくする。現地へ何度も行き取材して描いた「牧場」は横30mにも及ぶ大作。地球を身ごもる母親を表現した「福島の母」は縦7mになる。県内外で精力的に個展を開き、それが縁となり、今は小中学校で講演会を開くようになった。

 ○…生まれは辻堂東海岸。幼い頃から絵が好きで美術大学に進み、卒業後は働きながら絵が生きる糧に。最初に福島を訪れてから6年、当初は暗く黒い画面構成だった絵は、少しずつ明るく変化しているという。「私自身が心を変えて見えてきたものがある。今は福島が第2の故郷。その美しさを描いていきたい」

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

藤沢版の人物風土記最新6件

渡邊 幸夫さん

神奈川県社会保険労務士会藤沢支部の支部長に就任した

渡邊 幸夫さん

5月17日号

星川 俊道さん

藤沢市腎友会の会長を務める

星川 俊道さん

4月26日号

太田 章子(あやこ)さん

きょう19日からパッチワーク作品で初の個展を開く

太田 章子(あやこ)さん

4月19日号

大西 順三さん

藤沢市老人福祉センター「やすらぎ荘」で旅行講座を開く

大西 順三さん

4月12日号

東樹(とうじゅ) 康雅さん

藤沢市市民活動推進センターのセンター長に就任した

東樹(とうじゅ) 康雅さん

4月5日号

平井 仁さん

30年に渡って地域の子どもたちの交通安全教室を続けてきた

平井 仁さん

3月22日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

長後まつりに芸人大集合

長後まつりに芸人大集合

豪華景品の富くじも

5月18日~5月19日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク