藤沢版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

羽鳥在住森本さん 「経験を若い世代に」 車いすバスケ携わり30年

社会

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
ピンクの車いすに乗る森本さん
ピンクの車いすに乗る森本さん

 パラリンピックの花形競技で、現在放送中のドラマ「パーフェクトワールド」でも話題の車いすバスケットボール。大庭で車いすの販売会社オーエックス神奈川を経営する森本哲也さん(50)=羽鳥在住=は、30年以上競技に携わり、今は日本代表選手をサポートしている。

 フレームに塗装されたラメ入りのピンク色が目を引く。社内に並ぶカラフルな車いす。ラメ入りの塗装は、森本さんの会社オリジナルだ。「おしゃれをしたい女性のネイルと同じ感覚だと思う」。特に白ラメが男女ともに人気だという。

 森本さんは18歳のときに交通事故で脊髄を損傷。その後入院した病院で車いすバスケに出会った。「一丸となり目標に向かう、チームプレーが魅力的だった」と語る。

 会社員をしながら26歳まで、パラ神奈川スポーツクラブに所属。国体5連覇に貢献した。27歳のときチームのサポートをしていた車いすメーカーの社長の誘いで、代理店を始めることにした。当時車いすは、地味な色が多い時代。「先代社長が車いすに格好よさを求めていて、その思いに共感した」と振り返る。

 1999年には自身のチーム「森本文化風呂商会」を創立。日本選手権でベスト4になるほどの実力チームだったが、今年20年を迎えたのを機に、活動を休止。「家族を持つメンバーも増えたし、今は東京五輪に向けて若手のサポートに力を入れたい」と言う。

後輩の活躍後押し

 森本さんはプレイヤーとしての経験を生かし、車いすの図面を引いたり、メンテナンスも手掛けるなど選手をサポートしている。日本代表として活躍するパラ神奈川SC所属の古澤拓也選手は、子どもの頃から森本さんが手がけた車いすを愛用。車いすバスケを始めるきっかけにもなった。

 基本は、車いすの動かし方であるチェアワーク。「車いすが壊れたり故障したら競技に出られない、とても重要な技術」。モットーは「自分も困っていた。だから助けたい」という思い。後輩の活躍に目を細めている。

藤沢版のトップニュース最新6

学習端末で「いじめSOS」

学習端末で「いじめSOS」 教育

市立小中学校で試行運用

1月21日号

学級閉鎖や休園相次ぐ

学級閉鎖や休園相次ぐ 社会

感染急増「第6波」鮮明

1月21日号

密避け2年ぶり成人式

密避け2年ぶり成人式 社会

3部制、時間短縮「極力簡素に」

1月14日号

感染拡大 2週間で8倍

感染拡大 2週間で8倍 社会

「第6波の入り口」市警戒

1月14日号

「勝って世界に挑戦」

ボクシング森且貴選手

「勝って世界に挑戦」 スポーツ

初のタイトル戦へ決意

1月7日号

2市1町で連携協定

パートナーシップ宣誓制度

2市1町で連携協定 社会

転出時、一部手続き省略

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook