藤沢版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

羽鳥在住森本さん 「経験を若い世代に」 車いすバスケ携わり30年

社会

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
ピンクの車いすに乗る森本さん
ピンクの車いすに乗る森本さん

 パラリンピックの花形競技で、現在放送中のドラマ「パーフェクトワールド」でも話題の車いすバスケットボール。大庭で車いすの販売会社オーエックス神奈川を経営する森本哲也さん(50)=羽鳥在住=は、30年以上競技に携わり、今は日本代表選手をサポートしている。

 フレームに塗装されたラメ入りのピンク色が目を引く。社内に並ぶカラフルな車いす。ラメ入りの塗装は、森本さんの会社オリジナルだ。「おしゃれをしたい女性のネイルと同じ感覚だと思う」。特に白ラメが男女ともに人気だという。

 森本さんは18歳のときに交通事故で脊髄を損傷。その後入院した病院で車いすバスケに出会った。「一丸となり目標に向かう、チームプレーが魅力的だった」と語る。

 会社員をしながら26歳まで、パラ神奈川スポーツクラブに所属。国体5連覇に貢献した。27歳のときチームのサポートをしていた車いすメーカーの社長の誘いで、代理店を始めることにした。当時車いすは、地味な色が多い時代。「先代社長が車いすに格好よさを求めていて、その思いに共感した」と振り返る。

 1999年には自身のチーム「森本文化風呂商会」を創立。日本選手権でベスト4になるほどの実力チームだったが、今年20年を迎えたのを機に、活動を休止。「家族を持つメンバーも増えたし、今は東京五輪に向けて若手のサポートに力を入れたい」と言う。

後輩の活躍後押し

 森本さんはプレイヤーとしての経験を生かし、車いすの図面を引いたり、メンテナンスも手掛けるなど選手をサポートしている。日本代表として活躍するパラ神奈川SC所属の古澤拓也選手は、子どもの頃から森本さんが手がけた車いすを愛用。車いすバスケを始めるきっかけにもなった。

 基本は、車いすの動かし方であるチェアワーク。「車いすが壊れたり故障したら競技に出られない、とても重要な技術」。モットーは「自分も困っていた。だから助けたい」という思い。後輩の活躍に目を細めている。

ふじさわ湘南ロータリークラブ

藤沢の子どもたちの成長を応援します

https://fujisawa-shonan-rotary.org/

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場を完全 昨年10月より実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

一部営業再開へ

テラスモール湘南

一部営業再開へ 経済

食物販中心に25日から

5月22日号

コロナ対策に459億円

コロナ対策に459億円 社会

藤沢市が補正予算

5月22日号

ネット申請受付始まる

特別定額給付金

ネット申請受付始まる 社会

郵送書類は月末から発送

5月15日号

「オンライン学習」推進へ

「オンライン学習」推進へ 教育

環境整備急務 課題も

5月15日号

長後に病児保育施設

長後に病児保育施設 社会

市内初 10月開所へ

5月8日号

飲食店支援へパン店連携

飲食店支援へパン店連携 経済

詰め合わせセットを販売

5月8日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月22日号

お問い合わせ

外部リンク