藤沢版 掲載号:2019年9月6日号 エリアトップへ

「横浜湘南道路」開通に遅れ トンネル施工などで課題

社会

掲載号:2019年9月6日号

  • LINE
  • hatena
工事が進む城南付近(上)と工事区間図
工事が進む城南付近(上)と工事区間図

 首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の一部として整備が進められている「横浜湘南道路」など2路線について、国土交通省関東地方整備局などは先月28日、当初予定していた時期よりも開通に遅れが生じると明らかにした。藤沢─横浜間をつなぐトンネル掘進工事などで課題が見つかったといい、今後有識者委員会の検討を経て今年度内に見通しを示すという。



 同日、横浜市内で開かれた神奈川県圏央道連絡調整会議で発表した。同じく圏央道未開通区間の高速横浜環状南線についても開通が遅れる見込み。ともに用地取得が完了した前提で、2020年度の開通を予定していた。

 両道路は、圏央道の一部を構成する延長約16Kmの高速道路。横浜湘南道路は新湘南バイパスの藤沢インターチェンジ(IC)と高速横浜環状南線の(仮称)栄IC・JCT間約7・5Kmをつなぐ。藤沢ICでは国道1号線にも接続する。

 トンネル区間は約5・4Km(上下線10・8Km)で現在約300mが施工済み。用地取得率は7月末現在で99%。

 課題は▽地中の可燃性ガス濃度が高いことが判明▽過去の崩落事故で基準が見直されコンクリート擁壁が厚くなり、上下線のトンネル幅が狭くなった―の2点。いずれも本格着工したことで明らかになったという。

 同局は「現時点で開通時期を見通すことは困難」と説明。有識者に技術確認をしたうえで、工程などを精査していくとしている。

藤沢版のトップニュース最新6

吉野氏にノーベル化学賞

吉野氏にノーベル化学賞 社会

遠藤在住、市民も祝福

10月18日号

大イチョウ、台風で折れる

大イチョウ、台風で折れる 社会

遊行寺のシンボル、関係者悲嘆

10月18日号

商店街ツアーで魅力発信

辻堂

商店街ツアーで魅力発信 社会

個店の認知度アップに

10月11日号

中学校給食全校で実施

藤沢市

中学校給食全校で実施 教育

10月中旬3校新たに

10月11日号

河川の増水、スマホで確認

藤沢市

河川の増水、スマホで確認 社会

早期避難の一助に

10月4日号

「湘南ママ」の子育て応援

「湘南ママ」の子育て応援 社会

母親目線随所に冊子創刊

10月4日号

民間資本活用し複合施設

藤が岡2丁目

民間資本活用し複合施設 社会

保育園など21年春開所へ

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大磯の52会場で「うつわの日」

大磯の52会場で「うつわの日」

10月25日(金)から3日間

10月25日~10月27日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク