藤沢版 掲載号:2019年11月22日号 エリアトップへ

認知症当事者や家族を音楽で支援する活動をしているシンガーソングライター さとう さちこさん(本名:佐藤幸子) 本鵠沼在住 47歳

掲載号:2019年11月22日号

  • LINE
  • hatena

根底は「ミンナオナジ」

 ○…認知症の人とそうでない人との違いは何だろう。確かに記憶は薄れてしまうかもしれない。でも、人間としての根底は変わらないのでは―。そんな思いが、8月にリリースした新譜「ミンナオナジ」のタイトルからも垣間見える。認知症の母と暮らす経験から、当事者やその家族に元気を届ける活動を続けて3年近くになる。キーワードは「周波数」。音楽は人の心を”チューニング”するためのツールだ。

 ○…新譜は楽曲を聴いた認知症専門医の提案から。「当事者を元気にするためには、まず支える人が元気に」。その思いが共鳴した。売上の一部は支援団体に寄付。オリジナル曲のほか、6曲目は当事者も歌と演奏で参加している。《もう歩けないと思った。でも立ち上がろうと思った》。収録曲「君の光」は元々障害のある子どもを題材に楽曲制作したが、認知症の人を支える人たちのイメージにも重なる。

 ○…母が認知症になったと知らされたとき、不思議とショックはなかった。施設の移転を機に同居するようになってからも「私がそうしたいから」と苦労を意に介さない。現在の母を喩えて「先生」。「認知症の人はうわべを取り繕えない分、すぐに真意を見抜く。普段のコミュニケーションと通じることも多くて」。学ぶことは多いが、容赦のない”指導”に「修行みたい」と付け加え、からからと笑う。

 ○…3年前、友人と始めた「ツクリバツナギバ」。例えば自らが出演する「美空ひばりライブ」では観客から「ひばりちゃん」と喝さいが飛ぶ好評の企画だった。気持ちのピントが合うと、認知症の人もそうでない人も心が軽くなる。「そういう経験をたくさんしてもらいたい。積み重なれば、世界も明るくなるんじゃないかなって」

社員急募!

化粧品製造スタッフ(技術管理者) 月給25万円~ 時間10:00~17:00

https://www.starmore.jp/

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

藤沢版の人物風土記最新6

崎山(さきやま) 直夫(ただお)さん

4月1日付で新江ノ島水族館の館長に就任した

崎山(さきやま) 直夫(ただお)さん

亀井野在住 52歳

5月14日号

前田 忠厚さん

鵠沼郷土資料展示室で企画展「写真に見る鵠沼南部の変遷」を開いている

前田 忠厚さん

鵠沼松が岡在住 55歳

5月7日号

高村 龍太さん

科学技術分野の文科大臣表彰「創意工夫功労者賞」を受賞した

高村 龍太さん

葛原在住 36歳

4月30日号

櫻井 いづみさん

自主組織神奈川県手話通訳者協会会長として質の向上や待遇改善に尽力する

櫻井 いづみさん

用田在住 60歳

4月23日号

林 良雄さん

1日に発足した藤沢市スポーツ連盟の会長に就任した

林 良雄さん

高倉在勤 73歳

4月16日号

遠見 才希子さん

産婦人科医で、性教育をテーマに全国で講演活動を行っている

遠見 才希子さん

片瀬出身 36歳

4月9日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter