藤沢版 掲載号:2019年11月22日号 エリアトップへ

認知症当事者や家族を音楽で支援する活動をしているシンガーソングライター さとう さちこさん(本名:佐藤幸子) 本鵠沼在住 47歳

掲載号:2019年11月22日号

  • LINE
  • hatena

根底は「ミンナオナジ」

 ○…認知症の人とそうでない人との違いは何だろう。確かに記憶は薄れてしまうかもしれない。でも、人間としての根底は変わらないのでは―。そんな思いが、8月にリリースした新譜「ミンナオナジ」のタイトルからも垣間見える。認知症の母と暮らす経験から、当事者やその家族に元気を届ける活動を続けて3年近くになる。キーワードは「周波数」。音楽は人の心を”チューニング”するためのツールだ。

 ○…新譜は楽曲を聴いた認知症専門医の提案から。「当事者を元気にするためには、まず支える人が元気に」。その思いが共鳴した。売上の一部は支援団体に寄付。オリジナル曲のほか、6曲目は当事者も歌と演奏で参加している。《もう歩けないと思った。でも立ち上がろうと思った》。収録曲「君の光」は元々障害のある子どもを題材に楽曲制作したが、認知症の人を支える人たちのイメージにも重なる。

 ○…母が認知症になったと知らされたとき、不思議とショックはなかった。施設の移転を機に同居するようになってからも「私がそうしたいから」と苦労を意に介さない。現在の母を喩えて「先生」。「認知症の人はうわべを取り繕えない分、すぐに真意を見抜く。普段のコミュニケーションと通じることも多くて」。学ぶことは多いが、容赦のない”指導”に「修行みたい」と付け加え、からからと笑う。

 ○…3年前、友人と始めた「ツクリバツナギバ」。例えば自らが出演する「美空ひばりライブ」では観客から「ひばりちゃん」と喝さいが飛ぶ好評の企画だった。気持ちのピントが合うと、認知症の人もそうでない人も心が軽くなる。「そういう経験をたくさんしてもらいたい。積み重なれば、世界も明るくなるんじゃないかなって」

藤沢版の人物風土記最新6

萩本 あつしさん

藤沢で結成されたバンド「Layne」(レイン)のボーカル・ギター

萩本 あつしさん

羽鳥出身 27歳

1月24日号

山田 秀幸さん

(一社)藤沢駅周辺地区エリアマネジメントの代表理事を務める

山田 秀幸さん

鵠沼松が岡在住 57歳

1月17日号

野村 俊介さん

1月1日付で(一社)藤沢青年会議所(JC)の理事長に就任した

野村 俊介さん

藤沢市内在住 39歳

1月10日号

秋本 英一さん

全国でも珍しい「産業創造師」の認定を持つ

秋本 英一さん

市内在住 52歳

12月20日号

佐野 晶さん(本名:佐野活宣)

「第1回警察小説大賞」を受賞した「ゴーストアンドポリス GAP」の作者

佐野 晶さん(本名:佐野活宣)

辻堂在住 55歳

12月13日号

高木 實(みのる)さん

11月に発足した湘南シークロス商店会初代会長

高木 實(みのる)さん

鵠沼在住 83歳

12月6日号

金田 勝俊さん

生活と環境全国大会で一般廃棄物関係事業功労者に選ばれた

金田 勝俊さん

鵠沼神明在住 52歳

11月29日号

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

マンションセミナー&無料相談会

11月30日(土)藤沢商工会議所みなパーク/修繕積立金がテーマ 個別相談も

https://bunjyounpo.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク