藤沢版 掲載号:2019年12月13日号 エリアトップへ

「第1回警察小説大賞」を受賞した「ゴーストアンドポリス GAP」の作者 佐野 晶さん(本名:佐野活宣) 辻堂在住 55歳

掲載号:2019年12月13日号

  • LINE
  • hatena

55歳の新人 遅咲きながら

 ○…第一声は「まさかこの年で受賞できるとは」。小学館の「第1回警察小説大賞」で全国108作品の中から初の栄誉に選ばれた。本業は映画ライター。オリジナル小説としては自身処女作でもある。「本当に夢見心地で」。ただそれも束の間。待ち受けていたのは書籍化に向けた「鬼の改稿作業」だった。改稿を重ねること実に7回。半年かけ、ようやく労作が形になった。「喜びもひとしお。俺の小説、みんな読んでくれるかな」

 ○…『そして父になる』『三度目の殺人』『アルキメデスの大戦』など人気作のノベライズを数々手掛けてきた。そんな経歴をして、今回の執筆で気付いたのは創作の楽しさ。骨格はもちろん、舞台設定に登場人物。生みの苦しみはあれど、寝ても覚めても作品のことを考えている自分にふと思った。「物語を作るのが意外と好きだったんだなって」。世界を作り込んでいくと欠けていたピースがカチリとはまり、物語がひとりでに転がりだす。そんな感覚も新鮮で面白かった。

 ○…作品は「ごんぞう」と呼ばれる自主的窓際警官がある事件の真相に迫る物語。「元々警察ものに興味があったわけじゃないけど、調べたら”暗黙のルール”が色々あるのが面白くて」。舞台に設定したのは辻堂。自らが30年来暮らす街並みや人の距離感がほどよい土地柄も作品づくりのヒントになった。

 ○…娘が通う明治中学校では、おやじの会メンバーの一員。活動日には草むしりやプールの掃除をしたり。「冗談を言い合いながら楽しくやっています」。そんな掛け合いもどこか作品に生きているのかもしれない。実はすでに次回作に向けた構想もある。「次は毒をテーマに書いてみたい」。55歳の新人作家。創作意欲は尽きない。

藤沢版の人物風土記最新6

桒山(くわやま) 賀行(がこう)さん

10月24日(日)まで「第30回手で触れて見る彫刻展」を開いている

桒山(くわやま) 賀行(がこう)さん

白旗在住 73歳

10月22日号

アレクセイ・トカレフさん

23日の湘南台文化センター星空のコンサートで演奏するトランペット奏者

アレクセイ・トカレフさん

下土棚在住 57歳

10月15日号

平林 春芳さん

ゴルフの県アマチュア選手権で女子ミッドシニアの部で優勝した

平林 春芳さん

村岡東在住 63歳

10月8日号

山田 恵里さん

東京五輪ソフトボール女子日本代表の主将で、市民栄誉賞特別賞を受賞した

山田 恵里さん

用田出身 37歳

10月1日号

塩坂 信康さん

児童養護施設の子どもを支援する「湘南ドリームプロジェクト」の代表

塩坂 信康さん

鵠沼海岸在住 54歳

9月24日号

武本 匡弘さん

プロダイバーで40年来海中を撮影し続け、環境活動家として活動する

武本 匡弘さん

鵠沼石上在勤 66歳

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook