藤沢版 掲載号:2020年1月17日号 エリアトップへ

一時避難場所を「DIY」 太平台明和会自治会

社会

掲載号:2020年1月17日号

  • LINE
  • hatena
避難路の雑草や枝を取り除く住民ら
避難路の雑草や枝を取り除く住民ら

 地震による津波で一時避難する場所を確保しようと、住民自らが整備に乗り出す取り組みが辻堂太平台で始まった。太平台明和会自治会(中西英介会長)の発信に、地元企業や行政が協力。住民主体で産官民が連携するケースは市内でも珍しいという。

災害時の備え、住民自ら汗

 「待っていても始まらない。思い立ったら自分で行動しなくちゃ」。14日、整備作業に参加した60代の女性は剪定ばさみを手にほほ笑んだ。

 自治会の加入世帯数は約570。地区内は起伏が大きく、引地川にかかる太平橋付近は津波浸水区域に指定されている。

 同自治会では最も標高が高い小山を一時避難場所にしているが、雑草が生い茂り、逃げ込む入り口も整備されていなかった。そこで地域内で対策を協議。土地所有者から承諾を得て、整備を進めることになった。

 当初は市に公園整備を求める案もあったが、実現が難しいことから住民自らが作業することに。この日は地域住民や市関係者など約30人が参加。下草や避難路の妨げになる木や枝を剪定するなどし、汗を流した。

 今後は(株)服部商店や(株)門倉組の協力で避難路に階段を設置する予定で、将来的には約100平方メートルの広場が完成する予定だ。同自治会副会長の桐生繁さん(66)は「災害は待ってくれない。地主さんも協力してくれているので、一日も早く形にしたい」、辻堂市民センターの日原敦史さん(49)は「行政主体ではなく、住民の取り組みに市が協力する地域づくりの新たなモデルになるのでは」と期待した。

藤沢版のローカルニュース最新6

清流高校、目指せ県制覇

女子サッカー

清流高校、目指せ県制覇 スポーツ

部員30人一丸に

9月18日号

国税猶予制度の活用を

国税猶予制度の活用を 社会

藤沢税務署呼び掛け

9月18日号

「バンドリ!」江の島に出没中

「バンドリ!」江の島に出没中 文化

ワードラリー 10月16日まで

9月18日号

女優・原節子と山口淑子

女優・原節子と山口淑子 文化

川喜多映画記念館で特別展

9月18日号

50周年の節目にテント寄贈

50周年の節目にテント寄贈 社会

藤沢ライオンズクラブ

9月18日号

帆に風 魅力感じて

帆に風 魅力感じて スポーツ

江の島でヨット体験

9月18日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

ふじさわプレミアム商品券

30%のプレミアムがついたプレミアム商品券。お申込みはこちら

https://www.fujisawa-genki2020.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月18日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月18日号

お問い合わせ

外部リンク