藤沢版 掲載号:2020年9月25日号 エリアトップへ

「生きてる証」を作品に 片瀬山在住 地場賢太郎さん

文化

掲載号:2020年9月25日号

  • LINE
  • hatena

 スケッチブックを開くと、水彩・油彩絵の具やペン、墨、スポイトなど様々な画材をミックスして描かれた、鮮やかな世界が広がる。1枚めくると赤を基調とした迫力ある絵、またもう1枚めくると黄色、青、黒…と全20種類、縦540mm×横920mmの紙面上で、それぞれ個性溢れる作品たちが、1冊の中で連なる。スケッチブック特有の中央の螺旋から染み出る色味も”味わい”として次ページに生きる。

 描いているのは画家・地場賢太郎さん(66)=片瀬山在住。「日記感覚で、その日の言葉にできない感情を絵で表現する」と、想像力豊かな作品で、見る人の心をつかみ、驚かせる。

 幼い頃から絵画好き。美大進学を志しながらも、国公立大学の教育学部に進学。中学・高校の美術教師を務めた。40歳を過ぎた頃「やはり美大に通って絵を学びたい」とイギリスに2年間留学。2年に1回開かれる「リバプール・ビエンナーレ」で作品展を開くなど、地道に技術を磨いていった。留学中、有名作家が若手のために作品展をプロデュースする文化があることに感銘を受け、今では他アーティストの展示の企画・運営も手掛けるようになった。

日伊で同時作品展

 25日からギャラリーT(片瀬海岸)で個展を開催。同時に26日からイタリア・ペルージャでも展覧会を開き、絵巻物のように紙をつなげて書き紡いでいく「ライフスクロール」という技法で、1991年から地道に描き続けた大作を展示する。「スケッチブックもライフスクロールも継続していくもの。生きてる証として描き続けたい」と願いを込めた。

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6

新ピンクリボン号出発

地元不動産会社県から感謝状

地元不動産会社県から感謝状 社会

医療用物資寄贈に対し

10月23日号

まるで石畳

まるで石畳 社会

道路も宿場町風

10月23日号

医療従事者に100万円寄付

医療従事者に100万円寄付 社会

櫻井興業など2社

10月23日号

手作り避難場所が完成

手作り避難場所が完成 社会

辻堂太平台 産官民が連携

10月23日号

市庁舎でロボットが問診

市庁舎でロボットが問診 社会

コロナ禍対策で実証実験

10月23日号

宅地分譲及び定期借地権付き分譲

【湘南ライフタウン】遠藤永山地区・大庭小糸地区・大庭小ヶ谷地区

https://www.fujisawa-kaikeiko.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク