藤沢版 掲載号:2021年4月2日号 エリアトップへ

受け継いだブドウ 実は新品種 遠藤の企業 藤沢産ワイン造り

社会

掲載号:2021年4月2日号

  • LINE
  • hatena
メイヴのワインボトルを手にする田中代表(=3月18日、御所見のブドウ畑で)
メイヴのワインボトルを手にする田中代表(=3月18日、御所見のブドウ畑で)

 偶然発見された「新品種」で藤沢の新たな名産品を――。

 情報通信システム開発などを手掛ける(株)ショーナン(遠藤・慶應藤沢イノベーションビレッジ内)が、藤沢産のブドウ「メイヴ」でワインを造り、地域ブランド化を目指している。

 きっかけは数年前、同社代表取締役の田中利忠さん(64)=二宮町在住=が会社の近隣住民の80代男性から相談を受けたこと。男性は20年間、趣味の一環として御所見の畑でブドウを育てていたが、高齢化に伴い譲り先を探していた。そこで農業法人でもあった同社に相談、2019年5月に引き渡した。

 同年、ボランティアとともに栽培し、100kgを収穫。田中さんが運営に携わる北海道余市のワイナリーで委託醸造、同名の赤ワインが完成した。ハーフボトル150本の初出荷の際、ラベルにブドウの品種名を表記する必要があり、田中さんが80代男性に尋ねると「品種は分からないまま育てていた」との回答。

 そこで財務省の管轄する「酒類総合研究所」へDNA鑑定を依頼。結果は「データーベース上に品種を特定できない」だった。田中さんは「まさか新品種だとは予想外。藤沢の地で見つかったのは大きな地域資源になる」と考え、「湘南ワイン・プロジェクト」と銘打ち、本腰を入れて開発を開始した。

「メイヴ」をブランド化

 「メイヴ」の由来は、80代男性のハーフの孫娘のMaeveさんの名前にちなんだ。田中さんによると味は軽やかで甘味が強く、肉だけでなく魚料理に合うという。「赤だけれど乾杯酒にもおすすめ。私はお酒をたしなむのが好きだが弱いので少しにとどめている」とのこと。

 昨年は、天候不良などから30kgの収穫にとどまり、一般販売はせず栽培に協力したボランティアに配布した。12月には大手酒類メーカーなどが所属する「日本ブドウ・ワイン学会」で、新品種の発見と特徴を報告するなど、専門業界からも注目されているという。

 さらに北海道や沖縄などの農家の協力を仰ぎ、温度や湿度が異なる場所で苗を栽培。マイナス30度の環境でも無農薬栽培が可能なことが分かり、今後は全国各地で栽培していくという。

 今年は200kgの収穫を目指し、藤沢、茅ヶ崎、寒川の耕作放棄地を借り計1万5000平方メートルで栽培する。今後は販売方法や3年後の市内でのワイン醸造所設立を検討。田中さんは「ブランド化を目指すとともに、飲食店や大学と連携して地域の新たな『宝』を育てていきたい」と語った。

住民から受け継いだ「メイヴ」
住民から受け継いだ「メイヴ」

弁護士会による藤沢法律相談

交通事故・離婚・相続・労働・お金の貸し借りなど、さまざまな相談が可能です。

https://www.kanaben.or.jp/

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6

市スポーツ連盟が発足

市スポーツ連盟が発足 スポーツ

五輪契機に6団体連携

4月9日号

江の島PR “2代目”デビュー

江の島PR “2代目”デビュー 経済

江ノ電のラッピングバス

4月9日号

市役所に階段アート

上りたくなる!?

市役所に階段アート 社会

4月9日号

アースデー砂浜を清掃

アースデー砂浜を清掃 社会

パソナグループ

4月9日号

ストリートピアノ復活

湘南台駅地下

ストリートピアノ復活 文化

あす10日もイベント

4月9日号

辻堂のロゴマーク決定

辻堂のロゴマーク決定 社会

海・太陽・大地を表現

4月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク