藤沢版 掲載号:2021年4月23日号 エリアトップへ

入院患者へ接種開始 11病院へワクチン配布

社会

掲載号:2021年4月23日号

  • LINE
  • hatena
保冷バッグにワクチンを小分けする薬剤師
保冷バッグにワクチンを小分けする薬剤師

 65歳以上で入院している高齢者を対象にした新型コロナウイルスのワクチン接種が、藤沢市内の病院で始まった。市は19日、国から届いた高齢者用第1弾のワクチンを市内11病院に向けて小分け作業を行い、配布した。

 ワクチンは米ファイザー製で1箱(計195本、975回分)。今回は市が優先接種の方針を示している入院中の高齢者で、ワクチン接種を希望した480人が対象となる。

 ワクチンは18日に入荷し、保健所で翌19日に小分けした後、受け渡しを実施。小分け作業では、薬剤師が冷凍庫からワクチンが入った箱を取り出し、零下30度に保った保冷バッグに人数分を詰め替えた。

 その後、注射針や希釈用の食塩水、必要な物品と共に各病院の担当者へ手渡された。受け取りに訪れた病院担当者は「高齢者接種に関する問い合わせも増えている。接種が始まることで安心につながるのでは」と話していた。

 ワクチン接種は受け渡しから5日以内に各病院で進められる。3週間以内に2回接種が原則となるため、5月に2回目の接種が行われる予定。

 市は、同日の週から、医療従事者向けワクチンの供給が県から拡充されることから、入院患者と医療従事者の並行接種により医療提供体制を確保したい考え。

 一般高齢者に向けては、5月10日の週までに11箱(1万725回分)が届く予定となっており、市は4月23日以降ワクチン接種に必要なクーポン券を順次発送する方針。ただ、接種を巡って問い合わせが殺到するなど混乱も考えられることから、高齢者の中でも年齢を限定し注意深く対応するという。

39人が感染

 藤沢市は4月14日から20日までの7日間で、新たに39人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。先週と比べ感染者は3人増えた。

 年代別では10歳未満が1人、10代が5人、20代が4人、30代が3人、40代が6人、50代が10人、60代が5人、70代が4人、80代が1人。

 症状別では無症状が9人、軽症が28人、中等症が2人で、重症者はいなかった。
 

藤沢版のトップニュース最新6

江の島観光を仮想空間で

江の島観光を仮想空間で 社会

コンテンツの運用開始

5月7日号

世界が認めるビーチに

世界が認めるビーチに 社会

「ブルーフラッグ」民間初

5月7日号

「危険なバス停」市内に23

「危険なバス停」市内に23 社会

国交省が調査結果公表

4月30日号

5月10日、接種予約開始

藤沢市

5月10日、接種予約開始 社会

85歳以上2万人が対象

4月30日号

生理用品を無償提供

藤沢市

生理用品を無償提供 社会

困窮する女性ら支援

4月23日号

入院患者へ接種開始

入院患者へ接種開始 社会

11病院へワクチン配布

4月23日号

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter