藤沢版 掲載号:2021年6月4日号 エリアトップへ

根本解決へ「国際認証取得を」 20年ごみ拾いも発想転換

社会

掲載号:2021年6月4日号

  • LINE
  • hatena
江の島の海中で海底清掃をする片山さん(本人提供)
江の島の海中で海底清掃をする片山さん(本人提供)

 片瀬西浜・鵠沼海水浴場を開設する江の島海水浴場協同組合が今春、美しく快適で安全なビーチに与えられる国際認証「ブルーフラッグ」を取得した。環境やレジャーでも持続可能性が求められる中、認証にはどんな意義があるのか。取得をサポートしてきたNPO法人湘南ビジョン研究所理事長の片山清宏さん(46)の視点から読み解く。

 10数年前、湘南エリアの海岸ごみに関する統計を見て愕然とした。

 鵠沼に生まれ育ち、高校のときから地元の海でサーフィンに親しんだ。同時に「地元の海をきれいにしよう」とビーチクリーンを始め、早20年以上が経っていた。

 衝撃を受けたのは、統計が示すごみの総量がこの数十年間、全く変わっていなかったからだ。「仲間と続けてきたことは無意味だったのか」。思わず力が抜けた。

 ビーチクリーンだけでは根本解決にならない。それが結論だった。海岸ごみは7割が川から流れ、川ごみは街から流れ出る。ボランティアの力だけでは限界があった。

 その後、海岸ごみの研究に没頭。専門家や研究者など100人以上に会い、関連する書籍や雑誌も読み漁った。

 そんな時に行き着いたのが、ブルーフラッグという海外の制度を紹介する論文だった。国際NGOが水質や美観、安全性など33項目で審査し、基準を満たしたビーチは専用旗を掲げることができる。認証はすなわち、海岸環境も世界基準であることの証明だ。

 「これだ」。海をきれいにするにはこれしかない。そう直感した。

 国内では前例がなかったブルーフラッグ取得を目指し、2011年5月に前身となる任意団体を設立。組合関係者や市議などに掛け合った。だが全く相手にされない。

 「地元の人間は湘南の海がきれいでないことを知っている。できるわけがない」。また別の関係者からはこうも言われた。「それは一体いくら儲かるんだ」

 理解を得る前段として、10年先の街づくりを都市構想としてまとめることにした。1年かけて会議を重ね、13年2月に「湘南都市構想2022」を発表。藤沢市を含む相模湾沿岸の8市町の首長に面会を申し入れ、ブルーフラッグ取得の提言を行ったが、答えは全てノーだった。

 万策尽きたかに思えた。だがそんな中で唯一、賛同してくれたのが由比ガ浜茶亭組合(鎌倉市)の増田元秀組合長だ。「ブルーフラッグには大きな可能性がある。一緒にやろう」。国内初の挑戦が始まった。
 

ユーミーらいふ藤沢店

湘南の賃貸取扱件数No.1 湘南エリアで賃貸物件をお探しならユーミーネットへ

https://www.shonanchintai.com/

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6

藤沢暴追協が 「旗印」寄贈

「皆で仲良く」願い込め

「皆で仲良く」願い込め 社会

中里子どもの家に七夕飾り

7月1日号

写真サークルが展示会

写真サークルが展示会 社会

5日から市民ギャラリーで

7月1日号

3年ぶり営業再開

3年ぶり営業再開 社会

辻堂海浜公園ジャンボプール9日、プール開き

7月1日号

好評につき今年も販売

好評につき今年も販売 経済

江の島ヨットハーバー

7月1日号

親子でジャガイモ収穫体験

青木幼稚園「なかよしランド」

親子でジャガイモ収穫体験 教育

7月1日号

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook