藤沢版 掲載号:2021年6月11日号 エリアトップへ

「きれい・安全・快適性」に“お墨付き” 新たなビーチへ認証活用

社会

掲載号:2021年6月11日号

  • LINE
  • hatena
妻・久美さんとブルーフラッグを持つ片山さん(本人提供)
妻・久美さんとブルーフラッグを持つ片山さん(本人提供)

 5年越しの活動が実った瞬間だった。2016年4月に由比ガ浜海水浴場が日本で初めて環境や安全に関する国際認証「ブルーフラッグ」を取得。新しい海水浴場のモデルが隣町に誕生したことは、地元藤沢にとっても大きな一歩だった。

 あるとき、県海水浴場組合連合会の副会長を務める増田元秀組合長から連絡が入った。

 「西浜に行ってみろ」。向かうと片瀬西浜・鵠沼海水浴場を運営する江の島海水浴場協同組合の森井裕幸理事長らに迎えられ、こう切り出された。「新しいことをやりたいんだ」。頭の中で、歯車がかみ合う音が聞こえた。

 折しも組合は、森井理事長の新体制に移行して間もない頃。西浜は全国トップの海水浴客数を誇るが、全国的にレジャーの多様化や若者の”海離れ”などが進んでおり、打開策が必要だった。

 「ブルーフラッグがうってつけです」。迷わず推した。環境や安全、美観の国際基準を満たした海となれば、対外的なプロモーションに役立たないわけがない。他の海水浴場との差別化にもつながるはずだ。

 それに―。かつて江の島で海底清掃をした時の記憶が脳裏をよぎる。

 どんな大義があっても、環境活動は地元の理解が得られなければ進まない。ブルーフラッグもしかりだ。だが、裏返せば合意形成さえできれば8割方達成できたと言っていい。「鎌倉と違い、海水浴場の開設者である組合のトップが賛同してくれるなら、絶対実現できる」。道筋は見えた。

 両端を川にはさまれる西浜は水質が安定しづらく、基準が満たせるか心配はあったが、20回の水質調査は無事クリア。課題だったバリアフリー対応もマットを砂浜に敷き、スロープの介助を海の家がサポートすることで解決した。

 今年2月に国内審査を通過し、4月16日、ついに片瀬西浜・鵠沼海水浴場のブルーフラッグ認証が決定。初会合から約1年半後の出来事だった。

 今、コロナ禍で海水浴場にはさらなる逆風が吹く。だがブルーフラッグという”旗印”はポストコロナに向けて必ず役に立つ。認証はゴールではなく、新しい海水浴場のモデルを作るためのツールであり、ここがスタート地点だからだ。

     ◇

 片瀬西浜・鵠沼海水浴場が今春、国際認証「ブルーフラッグ」を取得した。その意義を、NPO法人湘南ビジョン研究所理事長の片山清宏さんの視点で読み解く。

藤沢版のローカルニュース最新6

災害時「住民取り残さない」

災害時「住民取り残さない」 社会

御所見地区で防災訓練

12月3日号

開催地の証、ピアノに込め

開催地の証、ピアノに込め 社会

藤沢青年会議所が市に寄贈

12月3日号

SDGs推進の旗手目指せ

SDGs推進の旗手目指せ 社会

松下政経塾で全4回講座

12月3日号

「でっかいの出てきた」

「でっかいの出てきた」 教育

グリーンLC 児童招き芋堀り

12月3日号

店頭でマルシェ

店頭でマルシェ 経済

無印良品「地域の賑わいに」

12月3日号

大根の収穫を体験

なかよしランド特別企画 青木幼稚園

大根の収穫を体験 教育

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook