藤沢版 掲載号:2021年6月18日号 エリアトップへ

活路はギョーザにあり? 直売所や自販機など市内に続々

経済

掲載号:2021年6月18日号

  • LINE
  • hatena
(左上から時計回りに)餃子の雪松、味の古久家餃子製造直売所、生餃子製造所カノウ、中華大新自動販売機。料金は27〜36個入り(店によって異なる)で千円
(左上から時計回りに)餃子の雪松、味の古久家餃子製造直売所、生餃子製造所カノウ、中華大新自動販売機。料金は27〜36個入り(店によって異なる)で千円

 ギョーザが好きだ。特に焼きがいい。ご飯やビールとの相性はもちろん、値段も手頃、野菜たっぷりでヘルシーとまさに庶民の味方だ。ところで最近気が付いたことがある。藤沢市内で生餃子の持ち帰り専門店が増えている。しかも無人販売や自販機など営業形態も多彩だ。コロナ禍のテイクアウト需要に関係があるのだろうか。腹ペコ記者が急行した。

 まず向かったのは、白旗に今年1月にオープンした「餃子の雪松」。関東を中心に全国に100店舗以上を展開し、近頃様々なメディアにも取り上げられている「ギョーザ界の急先鋒」だ。

 無人販売で24時間営業。防犯カメラは設置されているが、来店客はギョーザが並んだ冷凍庫から商品を自分で取り出し、木箱に料金を入れるシステムだ。非接触型で「新しい生活様式」に即していることに加え、人件費を削減できることが躍進の理由とみられる。

 市民お馴染みの町中華「味の古久家」が湘南台に5月オープンした直売所。雪松と同様無人で24時間営業だが、製造所が併設されており、スタッフがその場で手包みした生ギョーザが購入できるのが特徴だ。

 焼きギョーザは同店で3人に1人が注文する人気商品といい「持ち帰りも想定の3倍の売れ行き。好調です」と小林剛輔代表(49)。「飲食店の状況が従来に戻るとは考えにくく、テイクアウト需要への対応が課題だった」と説明する。

 一方、コロナ禍以前から自動販売機で小売りする構想を温めていたという老舗中華料理店の「中華大新」。石川の工場では、3店舗で提供するギョーザを製造。2月から冷凍餃子の販売を始めたところ、こちらも好評で週末は200箱近くが売れるという。品切れになっても工場からすぐに補充できるのも強みだ。

 無人販売の業態が広がっていることについて、3月に唐揚げ専門店に併設する形で「生餃子製造所カノウ」を藤沢に開店した加納食堂代表の加納利春さん(41)は「無人でも安全上の問題がクリアできると知らしめた雪松さんの影響が大きい」としつつ「この業態は今に始まったものでもない」とも。

 10数年前にギョーザの皮を作るメーカーが発案したもので、元々土台はあった。「その上で冷凍か生か、機械式か手包みか、事業者が組み合わせを選ぶ時代なんです」

     ◇

 なるほど、そんな背景があったとは。取材した各店とも今後多店舗展開や他の商品の販売を視野に入れているとのこと。ポストコロナに向け、需要は一層高まりそうだ。

 それはそうと、嗚呼、お腹へった。

藤沢版のローカルニュース最新6

災害時「住民取り残さない」

災害時「住民取り残さない」 社会

御所見地区で防災訓練

12月3日号

開催地の証、ピアノに込め

開催地の証、ピアノに込め 社会

藤沢青年会議所が市に寄贈

12月3日号

SDGs推進の旗手目指せ

SDGs推進の旗手目指せ 社会

松下政経塾で全4回講座

12月3日号

「でっかいの出てきた」

「でっかいの出てきた」 教育

グリーンLC 児童招き芋堀り

12月3日号

店頭でマルシェ

店頭でマルシェ 経済

無印良品「地域の賑わいに」

12月3日号

大根の収穫を体験

なかよしランド特別企画 青木幼稚園

大根の収穫を体験 教育

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook