藤沢版 掲載号:2021年8月6日号 エリアトップへ

最後の夏 笑顔のプレー コロナで不戦敗の藤沢工科

スポーツ

掲載号:2021年8月6日号

  • LINE
  • hatena
試合終了後に健闘を称え合う両校の生徒
試合終了後に健闘を称え合う両校の生徒

 新型コロナウイルスの影響で第103回全国高校野球選手権神奈川大会を辞退した藤沢工科高校が先月31日、鎌倉学園と練習試合を行った。戦えず悔しさを抱えていた生徒たちは、全力で白球を追い最後の夏を笑顔で終えた。

 同校は2回戦に勝利した後、学校関係者にコロナ感染が発覚し、活動を停止。部活動の対外活動が禁止となり、続く3回戦の鶴嶺高校との対戦を辞退し不戦敗となった。

 練習試合のきっかけは、同じくコロナで不戦敗となっていた城郷高校(横浜市神奈川区)に対し、3回戦で対戦予定だった鎌倉学園の竹内智一監督が再試合を提案したこと。その後県高野連を通じて、活動を再開していた藤沢工科にも打診があり、3校が保土ケ谷球場で試合をする運びとなった。

 緊張した表情で試合を迎えた選手たち。先発・額田真輝選手(3年)が3回まで2失点の好投を見せると、4回表には右翼手の今野大誠選手(同)が適時打を放ち1点を奪う気迫をみせた。だがその裏、鎌倉学園に3点を奪われ点差は開き、最後は1対8で7回コールド負け。試合中、点差が開いても選手たちは時折笑顔を見せ、グランウンドではつらつとプレーしていた。

 主将の江頭真斗選手(同)は「試合をしてくれた鎌倉学園さんに感謝をしている。強かったけれど、最後まで楽しくプレーできた」と笑顔を見せた。鎌倉学園の竹内監督は「3年生一人一人が真剣勝負してくれたことがうれしかった」と選手の健闘を称えた。

負けたけど満足

 昨夏、3年生が引退すると部員が9人と試合ができるぎりぎりの人数となった同校。それでも試合がしたいと、春は野球経験のある生徒をスカウトして大会に出場した。

 主将の江頭選手は、少人数のチームをまとめてきた立役者だ。3年生6人と切磋琢磨してチームを作り上げてきた。夏の大会前に左ひじを骨折し一時はチームを離脱。野球ができない日が続いただけに夏の大会への思いは強かった。不戦敗となった後も「まだ試合があるかも」と引退はせず、進路活動などの合間を縫って3年生全員と練習に参加してきた。

 試合では強豪相手に一番打者として初回にヒットで出塁。守備では2つの併殺打を記録した。「チームのみんなが楽しそうでれしかった。満足してる。今まで教えてくれた先生方や先輩に感謝したい」と話した。

藤沢版のトップニュース最新6

いじめと人権、考え深め

いじめと人権、考え深め 教育

湘洋中で弁護士が授業

10月15日号

市民オペラ 来春開催へ

市民オペラ 来春開催へ 文化

コロナで延期、練習本格化

10月15日号

現元の三つどもえか

衆院選神奈川12区

現元の三つどもえか 政治

日程前倒しで臨戦態勢へ

10月8日号

DX推進 年内加速へ

藤沢市

DX推進 年内加速へ 社会

知見求め、民間人材任用

10月8日号

「東リ町」アートで賑わいを

「東リ町」アートで賑わいを 文化

老舗14店に展示、あすから

10月1日号

ベビーカーを無償提供

ベビーカーを無償提供 社会

クリーニング店が困窮世帯支援

10月1日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook