藤沢版 掲載号:2021年9月3日号 エリアトップへ

落語サークル「やすらぎ落語塾」 お客の笑い 活動の励みに

文化

掲載号:2021年9月3日号

  • LINE
  • hatena
高座にあがる会長の渡辺勝さん。この日は番町皿屋敷を演じた
高座にあがる会長の渡辺勝さん。この日は番町皿屋敷を演じた

 高齢者を笑いで元気に。かくいう私たちも高齢者――。稲荷にある高齢者福祉施設を拠点に活動する落語サークル「やすらぎ落語塾」がこのほど1年ぶりに活動を再開した。新型コロナウイルスの影響で昨春から活動を自粛していたが、感染症対策を徹底した上で久しぶりの寄席が実現。会場には笑い声が響き、メンバーらも芸を披露できる喜びをかみ締めた。

 「夏と言えば怪談。私が住んでいる善行団地の話です。…階段(怪談)が多い」

 先月22日のやすらぎ荘広間。この日のトップバッターは元バスガイドの「人前亭アガール」さんで、地元ネタをふんだんに取り入れた漫談で笑いを誘った。

 観客は定員30人で施設利用者に限定。感染症対策のため、客同士のスペースを十分に確保し、飛沫対策も徹底した。

 長引くコロナ禍で観客にとってもイベントは久しぶり。この日は落語に色物など演目も多彩で、足を運んだ善行団地在住の女性(74)は「とても面白い。家に一人でいると気分が沈みがちだけど、皆さんと一緒に笑うと元気がでる」と喜ぶ。

     ◇

 落語塾は同施設が主催した講座の受講生を中心に2016年に発足。現在メンバーは60〜70代の男女16人。毎月の定例会に加え、町内会や老人会への出張落語が人気で、コロナ禍前の公演は年間40回を超えた。

 モットーは「自分も仲間も、お客も楽しく」。あえてプロに芸を教わるのではなく、自分たちで意見やアドバイスを出し合い、芸を高めていく。「皆ある程度の人生経験を積んで、固定観念もある。やっぱり楽しさが根底にないと」。会長の渡辺勝さん(72)が朗らかな笑みを浮かべる。

 ただメンバーも観客と同様高齢者。若いときに比べれば物覚えが悪くなり、セリフひとつ覚えるのも一苦労だ。

 この日「さくら家七分」の高座名で「番町皿屋敷」を演じた渡辺さんも毎日30分以上、自宅での稽古を欠かさない。「それでもお客さんと目が合うとぱっと忘れちゃったりね」と笑う。

     ◇

 自分が覚えた芸でお客さんを喜ばせたい。メンバーに共通するのはそんなささやかな思いだ。

 だからかもしれない。時間こそかかるが、練習を重ねればきちんと上達する。

 「最初は話を覚えるのも無理だと思った。高齢者には無限の可能性があるんだなと」。指導役で「お師匠」の鈴木睦さん(69)はそう評する。

 「お客さんの反応があるからまたがんばろうと思える。喜んだお客さんの顔が何よりのやりがい」と渡辺さん。

 コロナの収束はいまだ見通せないが、何度も足を運んでくれるリピーターも少なくない。温めている企画だってある。お客さんの「また来るね」の声を励みに、精進あるのみだ。
 

南京玉すだれなど色物も。会場には手拍子が響いた
南京玉すだれなど色物も。会場には手拍子が響いた

藤沢版のローカルニュース最新6

見守り10年に感謝状

湘南台商店連合会

見守り10年に感謝状 社会

11月26日号

海岸が2020ブルーに

海岸が2020ブルーに 社会

大会ボラがごみ拾い参加

11月26日号

文化財にアート出現

文化財にアート出現 文化

12月5日まで藤沢宿で

11月26日号

7年連続13回目の全国へ

湘南ドルフィンズマーチングバンド

7年連続13回目の全国へ 文化

11月26日号

人馬一体の妙技、勇壮に

人馬一体の妙技、勇壮に 文化

「コロナ収束祈願」流鏑馬と武者行列

11月26日号

高齢者向け賃貸住宅を公開

高齢者向け賃貸住宅を公開 社会

試食付き見学会 随時受付

11月26日号

1周年記念 特別大感謝セール

11月23日㈫~11月29日㈪まで全品10%オフ!

https://baniku.thebase.in/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook