藤沢版 掲載号:2021年9月10日号 エリアトップへ

遊行寺の歴史に親しんで 日大生が案内タグ考案

社会

掲載号:2021年9月10日号

  • LINE
  • hatena
内容を考案した日大生のチーム
内容を考案した日大生のチーム

 西富の時宗総本山・遊行寺の歴史を学生目線で紹介しようと、日本大学生物資源科学部(亀井野)の学生らがスマートフォンから読み込むことのできる多言語ICタグを考案した。8月下旬までに同寺と共同で境内など18カ所に設置。「若者や海外からの来訪者にも気軽に親しんでもらえたら」と期待している。

 ICタグは、境内の17カ所と近隣の「ふじさわ宿交流館」に設置されている。案内板に貼られているタグにスマートフォンをかざすと説明サイトに連携され、各施設の紹介文や写真が表示される仕組み。文章は英語や中国語など8カ国語へ翻訳が可能。タグ制作は辻堂新町に開発センターがあるNOK(株)が協力した。

 紹介ページの「いろは坂」の欄には石段の段数の由来や桜の見ごろの映える写真を添え、「一遍上人」の欄には学生が手描きした人物イラストを盛り込むなど「若者目線の親しみやすい紹介」になっている。

 遊行寺のプロモーションの一環で、同大くらしの生物学科・住まいと環境研究室のゼミ内「ふじさわ蔵チーム」の7人が担当。ゼミでは研究の一環で藤沢宿のエリアプロモーションに携わっていたことから、今年3月に声がかかった。チームリーダーの小堀竜乃介さん(4年)は「携わる前は歴史を知らずにいたが、読み解くと『面白い』と感じた。多くのひとに分かりやすく伝われば」と話す。

 案内板を手作りし学生とともに設置を行った遊行寺の職員・小林俊暁さん(28)は「学生のアイデアで各札に番号をつけ、本堂以外も周遊してもらえる仕組みになった」と振り返り、ゼミ担当の小島仁志助教(41)は「歴史文化の地域の拠点に若者が関わり、まちに発信していくことに価値がある」と語った。

 今後、地域の飲食店などで使えるクーポン機能も実装する予定という。

スマホかざして読み込む
スマホかざして読み込む

藤沢版のローカルニュース最新6

災害時「住民取り残さない」

災害時「住民取り残さない」 社会

御所見地区で防災訓練

12月3日号

開催地の証、ピアノに込め

開催地の証、ピアノに込め 社会

藤沢青年会議所が市に寄贈

12月3日号

SDGs推進の旗手目指せ

SDGs推進の旗手目指せ 社会

松下政経塾で全4回講座

12月3日号

「でっかいの出てきた」

「でっかいの出てきた」 教育

グリーンLC 児童招き芋堀り

12月3日号

店頭でマルシェ

店頭でマルシェ 経済

無印良品「地域の賑わいに」

12月3日号

大根の収穫を体験

なかよしランド特別企画 青木幼稚園

大根の収穫を体験 教育

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook