藤沢版 掲載号:2021年9月24日号 エリアトップへ

ものづくりの楽しさ知って 日本精工 自社技術で講座

社会

掲載号:2021年9月24日号

  • LINE
  • hatena
オンライン講座に参加した子どもら(提供・日本精工)
オンライン講座に参加した子どもら(提供・日本精工)

 藤沢市に2カ所の工場を持つ日本精工(本社・東京都品川区)では、同社のベアリング技術を活用した子ども科学教室を毎年夏に開いている。コロナ禍の影響で、昨年からはオンラインとなったが、今年も7月から8月にかけて行われた18回の講座に、市内の子どもたちを含む小中学生約150人が参加。ものづくりの魅力に触れた。

 講座のきっかけを作った藤沢工場の梶川洋一さん(59)は「子どもたちが楽しむ姿に、次世代のものづくりの可能性が見えた」と目を細めた。

 同社は軸の回転の効率化を促すベアリング(軸受け)の製造大手。シェアは国内ではトップ、世界でも3位を誇る。

 講座は同社のベアリングを使った独自開発のキットを使用。摩擦により回転が軽くなったり重くなる仕組みや原理について学び、その後、ベアリングを使った「よりよい未来」をテーマにアイデアを出し合った。

 梶川さんは市内在住。本社から藤沢工場に転勤した際に「地域貢献をしたい」と思いを抱いた。本社広報の発案で次世代に向けた子どもたちへの「科学教室」の方針が決まり、市の協力を得て、共催で3年前から開かれている。

 講師役を務める殿谷雅人さん(42)は「技術を生かし困っている人を助けるのがエンジニア。その楽しさを実感して、興味をもってもらえたら嬉しい」と語った。同社では今後も講座を継続していく意向だ。

 

講座のきっかけを作った藤沢工場の梶川さん(左)と講師を務めた殿谷さん
講座のきっかけを作った藤沢工場の梶川さん(左)と講師を務めた殿谷さん

藤沢版のローカルニュース最新6

湘南台アートスクエア着工

湘南台アートスクエア着工 社会

来年3月に供用開始

10月22日号

社労士が無料相談

労災や保険、年金など

社労士が無料相談 社会

10月22日号

道の写真を再募集

道の写真を再募集 社会

緊急事態宣言解除受け

10月22日号

ラッピングバスでPR

国際RC2780地区

ラッピングバスでPR 社会

ポリオ根絶へ啓発活動

10月22日号

火災予防、ポスターで

火災予防、ポスターで 教育

11月運動週間に展示も

10月22日号

中世の江の島

文書館資料展

中世の江の島 文化

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook