藤沢版 掲載号:2021年9月24日号 エリアトップへ

旧三觜家住宅の模型完成 取り壊し前にデータで保護

社会

掲載号:2021年9月24日号

  • LINE
  • hatena
【1】【2】完成した模型。屋根、2階部分が取り外せ、間取り、内装も再現。【3】点描で取り込まれたデジタルデータ【4】データ化した同社の安藤さん(左)、吉尾勇太さん、古宅貴彦さん
【1】【2】完成した模型。屋根、2階部分が取り外せ、間取り、内装も再現。【3】点描で取り込まれたデジタルデータ【4】データ化した同社の安藤さん(左)、吉尾勇太さん、古宅貴彦さん

 来年取り壊しが予定されている羽鳥の国登録有形文化財「旧三觜八郎右衛門住宅」を忠実に再現した50分の1の模型がこのほど完成した。作成は大和市の五十鈴中央(株)大和サービスセンター。本業の自動車や家電の鉄板を扱う三次元測定技術を生かし、文化財をデジタルデータ化、保存・活用する取り組みの一環として行われた。同社次長の安藤正純さんは「当社の技術で地域に社会に貢献していきたい」と話す。

 同文化財は、羽鳥の旧家・三觜家の主屋。明治初期に建てられ、当時珍しい木造2階建てに加え、洋風、商家風の外観などで知られる。

 保存にあたり、外観から内装まで、色や質感も緻密に捉える点描データを測定。幅90cm、奥行き75cmの模型を作成した。屋根や2階部分を取り外すと、細かな装飾なども再現されている。また、現在移設されているとみられる正門も建設当時の位置で復元した。

 同社では、昨年4月から社会貢献を目的にした新規事業を模索してきた。今回は湘南産業振興財団を通して、市に文化財のデジタルデータ化による保護事業を提案し実現した。データと模型は今秋、市に寄贈予定。安藤さんは「文化財は経年劣化が避けられない。色褪せず、誰もが見られるデジタルの活用で、歴史文化の教育や郷土愛の醸成に使ってもらえれば」と思いを語った。

藤沢版のローカルニュース最新6

湘南台アートスクエア着工

湘南台アートスクエア着工 社会

来年3月に供用開始

10月22日号

社労士が無料相談

労災や保険、年金など

社労士が無料相談 社会

10月22日号

道の写真を再募集

道の写真を再募集 社会

緊急事態宣言解除受け

10月22日号

ラッピングバスでPR

国際RC2780地区

ラッピングバスでPR 社会

ポリオ根絶へ啓発活動

10月22日号

火災予防、ポスターで

火災予防、ポスターで 教育

11月運動週間に展示も

10月22日号

中世の江の島

文書館資料展

中世の江の島 文化

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook