藤沢版 掲載号:2021年9月24日号 エリアトップへ

SFC初の学生自治会発足 新たな地域連携の形に

コミュニティ教育

掲載号:2021年9月24日号

  • LINE
  • hatena
ウェブ会議の様子。(右上から時計回りに)中井才響さん、市川裕也さん、成田さん、松浦さん、水上翔太さん(同会提供)
ウェブ会議の様子。(右上から時計回りに)中井才響さん、市川裕也さん、成田さん、松浦さん、水上翔太さん(同会提供)

 慶應大学湘南藤沢キャンパス(SFC)=遠藤=の学生らが8月、初の学生自治会を発足させた。大学と学生をつなぐ学内の活動にとどまらず、地元商店会や一般自治会ら地域団体との連携を通じて社会課題に向き合い、新たな学生自治会のあり方を模索する。

 名称は「湘南自治会」。会長は置かず、代表役員5人による合議制を採用しており、SFCに通う約50人が会員として参加する。

全学生にウェブ投票

 学生自治会設立は、一人の学生がSNS上で発した「SFCには学生自治会がない」という投稿がきっかけ。この呟きを巡り、かねてから学生自治に関心があった総合政策学部3年の松浦竹之介さんと成田凜さんが意気投合。オンライン上で学生が参画する自治組織を作ろうと賛同を募り、昨年1月に準備会を立ち上げた。

 7月には学生自治会の設立について、SFCに通う全学生約5千人を対象にウェブ投票を実施。賛成多数で会発足にこぎつけた。

 学内ではコロナ禍での授業のあり方や困窮する学生の声などを学校側に届け、学生生活の向上につなげる。またSFCはこれまで地域活性事業などで複数の事例で連携してきた実績があり、今後は窓口としての機能も兼ねたい考え。「研究室という括りではなく、学生ならではの視点や一緒に何かしたいという声に応えていきたい」と松浦さん。

 今後の地域での活動について、成田さんは「形式は異なるが、我々も自治会。地域の『自治会の先輩方』から学びながら、新たな可能性を一緒に探っていければ」と話した。

藤沢版のローカルニュース最新6

湘南台アートスクエア着工

湘南台アートスクエア着工 社会

来年3月に供用開始

10月22日号

社労士が無料相談

労災や保険、年金など

社労士が無料相談 社会

10月22日号

道の写真を再募集

道の写真を再募集 社会

緊急事態宣言解除受け

10月22日号

ラッピングバスでPR

国際RC2780地区

ラッピングバスでPR 社会

ポリオ根絶へ啓発活動

10月22日号

火災予防、ポスターで

火災予防、ポスターで 教育

11月運動週間に展示も

10月22日号

中世の江の島

文書館資料展

中世の江の島 文化

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook