藤沢版 掲載号:2022年1月7日号 エリアトップへ

ボクシング森且貴選手 「勝って世界に挑戦」 初のタイトル戦へ決意

スポーツ

掲載号:2022年1月7日号

  • LINE
  • hatena
初のタイトル戦に臨む森且貴選手
初のタイトル戦に臨む森且貴選手

 川名在住のプロボクサー・森且貴選手(21)が1月11日(火)、後楽園ホールで日本ミニマム級(47・6kg以下)王座決定戦に臨む。2018年にデビューし、現在9連勝中。初の日本タイトル戦に「どんな内容でも勝ちにこだわりたい」と意気込む。

 王座決定戦は、WBO世界ミニマム級の新王者・谷口将隆選手(ワタナベ)が返上し空位になったことから、日本ランキング1位の石澤開選手(M・T)と3位の森選手のランキング上位者による対戦が組まれた。

 森選手は、19年の全日本新人王で、戦歴は9戦9勝無敗(2KO)。攻撃的なボクシングスタイルで、豊富なスタミナと運動量が特徴。得意のパンチは左ボディー。世界王者の井上尚弥選手が所属している名門・大橋ジム(横浜)で腕を磨いている。

 対戦相手の石澤選手は、元日本ユース王者で、戦歴は10戦9勝1敗(8KO)。高いKO率を誇るパンチ力があり打たれ強い。昨年10月の最強挑戦者決定戦で同級2位の春口直也選手(橋口)に4回TKO勝ちし、日本王座に臨む挑戦権を勝ち取った。

 デビューから負けなしの森選手だが、石澤選手はこれまでで一番強い対戦対相手となる。それでも森選手は「常に挑戦者という気持ちで一戦一戦戦ってきた。自分のボクシングをすれば勝利につながる」と落ち着いた様子。「日本タイトルは一つの目標だがゴールではない。世界王者に向けて負けられない」と言葉に力を込めた。

支援者へ勝利を

 森選手は、4歳から兄の影響で空手を始め、小学校高学年と中学生時代には全国大会で優勝した経験もある。高校でボクシングに転向すると「ボクシングで飯を食っていきたい」とプロになることを決めた。

 所属する大橋ジムでは、世界チャンピオンなどの背中を見て練習に励んでいる。「技術も練習量もすごい人ばかり。自分なんてもっともっと練習しないと追いつけない」とボクシング漬けの日々。朝は自宅から江の島までのランニングが日課だという。

 初めてとなるタイトル戦は、これまで支えてくれた人々への思いも強い。森選手を支援している多くは、地元藤沢の企業。デビュー前から支援を続けている企業もある。「ボクシングに集中できる環境があるのも支援者の方々のおかげ。藤沢に生まれてよかったと思う」と森選手。「感謝の気持ちを勝利で伝えたい」と決意を語った。

 試合は、フジテレビ系で、テレビ放送を予定。チケットは全席指定で、A席3万円、B席2万円、C席1万円、D席6千円。問い合わせは大橋ジム【電話】045・314・1994へ。

藤沢版のトップニュース最新6

全国初、災害備え新型車

藤沢市消防局

全国初、災害備え新型車 社会

遠距離から大量送排水可能

5月13日号

木彫のマリア像 長崎へ

みその台親松英治さん

木彫のマリア像 長崎へ 社会

「一生の仕事」40年かけ完成

5月13日号

3年越しの要望実る

藤沢大庭郵便局

3年越しの要望実る 社会

地域住民らが移設求め

5月6日号

学校運営に地域の力

コミュニティ・スクール

学校運営に地域の力 教育

市立小中13校に導入

5月6日号

食害生物駆除に本腰

藤沢市

食害生物駆除に本腰 社会

磯焼け対策 魚介放流阻む 

4月29日号

劇的勝利で初の4強

藤沢清流

劇的勝利で初の4強 スポーツ

あす桐蔭学園と準決勝

4月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook