神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
藤沢版 公開:2023年9月1日 エリアトップへ

子どもの声、市政に生かす 市が試行でワークショップ

社会

公開:2023年9月1日

  • X
  • LINE
  • hatena
鈴木市長(右)、宮治副市長(右から2番目)を前に議論の結果を発表する参加者
鈴木市長(右)、宮治副市長(右から2番目)を前に議論の結果を発表する参加者

 子どもたちの声を市政に――。

 藤沢市は7月27日と8月23日、「あなたの声を聴かせてください」と題したワークショップを開催した。4月に施行された「こども基本法」に基づく試行的取り組みで、公募で集まった6歳から21歳までの小学生から大学生、7人が参加した。

 同法では、子どもに関する政策を決める際、当事者らの意見を聞くことを国と地方自治体に義務付けている。市は子どもに関する事業計画の次期策定を来年度に控えており、子どもや若者から直接意見を聞く仕組みや場づくりを模索。その一環として今回のワークショップを企画した。

 23日には6人が参加。この日は小・中学生と高校・大学生の2グループに分かれてそれぞの意見を交わした。

 初回は自分たちが決めたテーマとして小中学生チームでは、「学校に対する要望など」、高校大学生チームでは「手軽に使える場の提供について」。2回目は両チーム共通のテーマとして「市や大人に意見を伝える手段」「子どものためにと寄せられた寄付の使い道」を議論した。

 2回目の終わりには鈴木恒夫市長、宮治正志副市長を前に発表も行われ、鈴木市長は「みなさんの意見を聞くとどれも大事なことで現実的。参考にしていきたい」と述べた。

 参加した市内在住の神崎愛里さん(17)は、話し合いで物事を決める行政の仕組みに興味があり、ワークショップに参加。「同年代とさまざまな意見が交わせて学びになった」と振り返った。

 子育て企画課の担当者は子どもたちの活発な議論に「有益だった」と手応えを話し、「子どもたちに気づきや課題意識など、力を引き出せる機会づくりを考えていきたい」と話した。

藤沢版のローカルニュース最新6

司法書士の無料相談会

司法書士の無料相談会

6月1・15日

5月18日

子どもらに自慢の味届ける

子どもらに自慢の味届ける

藤沢市辻堂ラーメン店 匠人いとう

5月18日

早生のブルーベリー実る

早生のブルーベリー実る

獺郷・加藤園芸

5月17日

道行く人、ほっこり笑顔

道行く人、ほっこり笑顔

片瀬海岸の飯森さん 端材で木工作品 

5月17日

5大会連続で関東へ

5大会連続で関東へ

日大藤沢サッカー部

5月17日

市民まつり9月21日〜

市民まつり9月21日〜

日程決まる

5月17日

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

  • 5月3日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook