神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
藤沢版 公開:2024年6月14日 エリアトップへ

「競技の奥深さ、広めたい」 夢追い、43歳でプロ転向 ボウラー、鶴見亮剛さん

スポーツ

公開:2024年6月14日

  • X
  • LINE
  • hatena
マイボウルを手に笑顔を見せる鶴見プロ(=6日、江の島ボウル)
マイボウルを手に笑顔を見せる鶴見プロ(=6日、江の島ボウル)

 目標には手が届かなかった。でも、競技者であることを諦めなかった。今春、藤沢ゆかりの男性が日本プロボウリング協会のプロテストに合格した。男性合格者19人の平均年齢29・31歳より一回り年上だが、シーズントライアルの5月の大会では3位に入り、確かな存在感を示した。「ここがスタートライン。年間を通じてプロの中でどこまで通用するか、わくわくしている」と不敵な笑みを浮かべる。

 プロ転向したのは円行在住の鶴見亮剛さん(43)。競技歴は20年以上にのぼり、これまでアマチュアで全国大会を転戦。2019年茨城国体の男子個人では優勝したこともある実力派だ。

 長後中学校、湘南高校卒の生粋の地元民。元々は大学受験の合間に余暇として興じていたが、麻布大獣医学部に在学していた20歳のとき、初めてマイボウルを購入し、競技の魅力にハマった。

 「スピードや回転数だけじゃない。オイルが塗られたレーンは毎回状況が違っていて戦略性が求められる。シンプルゆえの奥深さがある」

 当初は学業との両立を考えていたが、時に経済動物の命の選択を迫られる獣医に自らの未来が描けなくなり、3年で中退。市内の病院で非常勤職員として働きながら、アマチュアとして歩み始めた。今や週6日でボウリング場に通い詰める。

日本代表目指すも

 掲げたのは国際大会に出場する全日本ナショナルチーム入り。県協会の推薦を得て、20代で2度選考会に出場するも、あと一歩届かなかった。

 当時の規定では年齢制限があり、「30歳まで」と自ら課した競技者としての”品定め”期間が迫っていた。「どうしようかな」。迷った。すっぱり足を洗うには後ろ髪が引かれる成績だ。競技熱はむしろ冷めていない。「もうちょっとがんばろう」。再始動した。

 年間を通じたランキング戦はプロになって初の経験。国内の猛者がひしめくが、気後れはない。「当面の目標はシード権が取得できる上位24位以内。公認タイトルも獲れたら」と意気込む。

 その先の目標もある。プロになってから人に教えを請われる機会も増えた。競技の裾野を広げるため、レッスンも開きたいとも考えている。

 「レーンの状況を読めるとひと際楽しくなる。競技の深みにもっと多くの人を引き込みたい」。そう言ってほほ笑んだ。

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

桧家住宅

7月13日㈯、14日㈰現地販売会開催 

https://www.hinokiya.jp/bunjyo/kanagawa/202308/57162.html

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6

アミノ酸でおいしい枝豆

アミノ酸でおいしい枝豆

JAさがみで出荷最盛期

7月13日

市に10万円寄付

東京女子プロレス

市に10万円寄付

上福さん「子どものために」

7月12日

チャレンジ精神学ぶ

高倉中2年

チャレンジ精神学ぶ

車椅子バスケ体験授業

7月12日

3×3で世界大会出場

TEAM FUJISAWA

3×3で世界大会出場

鈴木市長に表敬訪問

7月12日

テニス世界大会へ挑む

テニス世界大会へ挑む

日本代表 鵠沼中の遠藤栞吾さん

7月12日

自費出版無料相談会を開催

先着5人限定

自費出版無料相談会を開催

ベテランスタッフが応えます

7月12日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook