鎌倉版 掲載号:2011年2月10日号
  • googleplus
  • LINE

マトリョーシカとこけしを組み合わせた「コケーシカ」の生みの親 沼田 元氣さん 長谷在住 50歳

新しい伝統「コケーシカ」

 ○…「マトリョーシカ」と「こけし」で「コケーシカ」。この愛くるしくも、どこか懐かしい木形子(こけし)を誕生させ、ついには日露友好の「コケーシカ」展もプロデュース。この日本とロシアの伝統人形の出会いと交流に対し「自分自身が好きなもの同士を組み合わせたら出来上がった」と語る。

 ○…「実は、この二つの人形は、歴史的にもつながりがあります」。マトリョーシカが生まれたのは約120年ほど前だという。明治末期の箱根にロシア正教の避暑館があり、当時の神父が土地の名産である、七福神の木地人形を自国に持ち帰り、それがマトリョーシカの元になったそうだ。

 ○…伝統こけしの工人たちによる、マトリョーシカの白木地に伝統こけしの描彩を施した「コケーシカ」展は2008年に東京国際フォーラムで第1回を開催し、今回の開催地はこけしの産地で知られる宮城県に。当初、こけしの作り手たちに「コケーシカ」を説明する段階でも「ルーツが日本にあるからでしょうね、すぐに理解してもらうことができました」。

 ○…「写真家詩人」など多くの肩書きを持ち、著書も20冊以上。また主催した「乙女美学校」では、多くの女性たちに「『可愛い』の何たるかを知ることは、素敵に年を重ねること」と教え、”乙女”の権威としても有名。主な活動の場を都内から郷里鎌倉に移し09年、長谷に「コケーシカ」の店を開いたのは、「子どもの頃を過ごした鎌倉に帰ってきたかったのと、好きなことだけをして毎日を過ごしたい」との思いから。向かいに吉屋信子記念館のある、店舗前の道は通称「乙女通り」としても人気を集める。

 ○…「以前、父がこけしを集めていて、母が革命前のロシア・ウラジオストックで生まれたということも、影響している」。ロシアではマトリョーシカは「幸せな家庭の象徴」だそう。「どうぞ、一家にひとつ置いて可愛がってもらえたら」とやさしく笑った。
 

鎌倉版の人物風土記最新6件

吉井 瑞穂さん

オーボエ奏者でコンサートシリーズ「レゾナンス『鎌倉の響き』」を主催する

吉井 瑞穂さん

3月16日号

藤田 萌子さん

「神奈川県警察逮捕術大会」女子個人戦で優勝した

藤田 萌子さん

3月9日号

小岩 裕一さん

鎌倉宮の宮司を務める

小岩 裕一さん

3月2日号

近藤 奎五さん

今年で第10回を迎えた鎌倉子供囲碁大会の実行委員長

近藤 奎五さん

2月23日号

檜本 利夫さん

腰越まちづくり市民懇話会の会長を務める

檜本 利夫さん

2月16日号

谷山 綾子さん

低出生体重児向けの肌着を企画、販売している

谷山 綾子さん

2月9日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク